銅谷志朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
どうや しろう
銅谷 志朗
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都港区
生年月日 1944年4月30日
没年月日 (2018-10-29) 2018年10月29日(74歳没)
最終学歴 明治大学政経学部経済学科
職歴山陽放送アナウンサー
テレビ朝日アナウンサー
フリーアナウンサー
活動期間 1968年 - 2018年
ジャンル スポーツ
出演番組・活動
出演経歴 本文参照

銅谷 志朗(どうや しろう、1944年昭和19年)4月30日[1][2] - 2018年平成30年)10月29日[2])は、日本アナウンサー山陽放送テレビ朝日フリー[1][3][4]相撲キャスター[1][3][4][5]、相撲ジャーナリスト[3][5]。東京相撲記者クラブ会友[1][3][4][2]

東京都[1][4]港区出身[2]

来歴・人物[編集]

港区立白金小学校港区立高松中学校東京都立三田高等学校を経て明治大学政経学部経済学科を卒業後、1968年(昭和43年)4月山陽放送にアナウンサーとして入社[2]、ラジオDJ、テレビ広報番粗、ニュースなどを担当[1][6][3][4][5]

1971年(昭和46年)4月、日本教育テレビ(現在のテレビ朝日)に移籍[1][2][5]。主にニュース、ドラマのナレーション、スポーツ実況(大相撲プロレスボクシングアーティスティックスイミング重量挙げ卓球競馬陸上競技フィールド競技など)を担当[1][6][3][5]1980年(昭和55年)のモスクワオリンピックの実況も担当した[5]。相撲においては、1972年(昭和47年)九州場所3日目から約20年間キャスターを務めた『大相撲ダイジェスト』では独特の語り口と分かりやすい解説でお茶の間の人気者となり[7][5]、また大相撲ファンにとってはお馴染みの顔になり、三賞選考委員も務めた[1][6][3][4]

42歳の時に膵臓がんの手術を受け、胆嚢を全摘出し、十二指腸の一部と膵臓の頭の部分、の3分の2も切除。その後も蛋白質脂肪は薬で消化する日々だったが、体調は徐々に回復する[8]

1991年平成3年)5月にアナウンス部副部長をもってテレビ朝日を退社[2]6月にはフリーアナウンサーとなり[2]テレビ東京の『激生!スポーツTODAY』などで相撲コメンテーターを務めた[1][6]。フリーアナウンサーとしてはナレーション、司会、講演で活動[1][6][3][4][9]。相撲ジャーナリストとしては力士からの信望も厚い[5]。また報道番組・情報番組・ワイドショーのゲストコメンテーター[10]、JR東日本ジパングクラブ『大相撲講座』講師も務めた[11]

2018年(平成30年)10月29日13時5分、敗血症のため、東京都内の病院で死去。74歳没。葬儀は密葬で営まれた[12][7][10][2]

出演番組[編集]

山陽放送[編集]

テレビ朝日[編集]

フリー[編集]

ビブリオグラフィ[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 銅谷志朗”. エイコーイベントプランニング. 講師. 永紘. 2019年1月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年4月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 「角界ニュース」『相撲』第68巻第1号、ベースボール・マガジン社、2018年12月28日、 143頁。
  3. ^ a b c d e f g h 銅谷志朗”. Speakers.jp(スピーカーズ).  講演依頼 プロフィール. タイム. 2018年11月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年4月3日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 銅谷 志朗(どうや しろう)”. 講演 講演会 講習会 セミナーの講師派遣・講師紹介は日本プランニングアートへ.  -講師をカテゴリーで探す-. 日本プランニングアート. 2016年11月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年11月16日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h 『テレビ・タレント人名事典』日外アソシエーツ、日外アソシエーツ、第6版、774頁。ISBN 4-8169-1852-3
  6. ^ a b c d e f g h i j 講演案内”. ワールド企画 有限会社 ― 講演会・イベントを総合プロデュース. ワールド企画. 2017年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月16日閲覧。
  7. ^ a b “銅谷志朗氏が死去 74歳「大相撲ダイジェスト」20年間担当”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2018年11月4日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/11/04/kiji/20181104s00005000018000c.html 2018年11月16日閲覧。 
  8. ^ “あの人は今こうしている 元テレ朝アナ銅谷志朗さん 67歳夫人の急死で茫然自失だった”. 日刊ゲンダイ (日刊現代). (2015年3月23日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/158194/3 2017年9月22日閲覧。 
  9. ^ 銅谷志朗への講演会依頼-相撲キャスター 写真・プロフィール・著書”. 講演会依頼のシステムブレーン. システムブレーン. 2007年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月16日閲覧。
  10. ^ a b “元テレビ朝日アナウンサーの銅谷志朗さんが死去…敗血症のため74歳で”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年11月4日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181103-OHT1T50366.html 2018年11月16日閲覧。 
  11. ^ 銅谷 志朗”. 講演依頼、講師派遣なら日本綜合経営協会. 日本綜合経営協会. 2016年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月16日閲覧。
  12. ^ 元テレビ朝日アナウンサーの銅谷志朗氏死去 - 時事ドットコム 2018年11月3日