渡辺宜嗣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
わたなべ のりつぐ
渡辺 宜嗣
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市西区
生年月日 (1954-12-19) 1954年12月19日(65歳)
血液型 B
最終学歴 明治大学商学部
勤務局 テレビ朝日
活動期間 1977年4月 -
ジャンル 報道・情報・スポーツ
出演番組・活動
出演中朝まで生テレビ!
スーパーJチャンネル
テレメンタリー
出演経歴トゥナイト
ニュースステーション
スーパーモーニング』ほか
備考
2015年1月より嘱託社員・専属キャスター。

渡辺 宜嗣(わたなべ のりつぐ、1954年12月19日[1] - )は、日本ニュースキャスター、元テレビ朝日エグゼクティブアナウンサー

定年退職後もテレビ朝日と嘱託契約で、同局専属のキャスターとして活動している。

愛知県名古屋市西区出身[1]

来歴・人物[編集]

愛知県立熱田高等学校明治大学商学部高校時代に聴いていた深夜ラジオのディスクジョッキーに憧れアナウンサーを目指すようになる。大学時代は放送研究会に所属。一方で東京アナウンスアカデミーにも通いアナウンサー修業に励んだ。大学卒業後の1977年4月1日にテレビ朝日に入社した[2]

地元球団である中日ドラゴンズの熱心なファンとしても知られており、『ニュースステーション』では毎年、中日のキャンプ取材を渡辺が行うVTRが放送され、コーナーの最後には『燃えよドラゴンズ!』を熱唱するのが恒例となっていた[1]。また、大学の先輩でもある星野仙一とも親交があった。2009年11月23日グランドプリンスホテル新高輪で開催された「立浪和義選手に感謝する会」の司会を務めた。

若手時代にはエキサイトボクシング(解説者・ガッツ石松)をはじめスポーツ実況を担当していたこともある。

同僚アナウンサーや共演者からは「宜嗣さん」と下の名前で呼ばれることが多い。

ビートたけしが、明大から特別卒業認定されたときに、座談会の司会を務めた。

1980年10月以降は報道情報番組を主に担当している。『トゥナイト』ではリポーター、『なうNOWスタジオ』『モーニングショー』『スーパーモーニング』ではメイン司会を務めていた。『なうNOWスタジオ』は『アフタヌーンショー』のやらせリンチ事件打ち切りで開始した番組。テレビ朝日系列以外でも放送されていた為、全国的に知名度が高くなるきっかけとなった。『モーニングショー』は当初司会に予定されていた小島一慶が女性問題で降板。急きょ司会を務めることになった。

1985年10月開始の『ニュースステーション』では、リポーターや久米宏の代役を2002年9月まで中断時期を除き長期間担当した。

『ニュースステーション』『ステーションEYE』『スーパーJチャンネル』でニュースキャスターを務めているが定時ニュース番組『ANNニュース』『ANNニュースセブン』『ANNニュースフレッシュ』『ANNニュースライナー』『ANNニュースレーダー』『ANNニュースファイナル』『ANNニュース&スポーツ』の担当経験はない。

2014年12月19日に60歳の誕生日を迎え、同12月いっぱいで定年退職した[3]。定年後もテレビ朝日に嘱託として籍を残し、専属キャスターとして引き続き『スーパーJチャンネル』『朝まで生テレビ!」に出演している。

2020年10月改編をもって、2010年から担当してきた『スーパーJチャンネル』のメインキャスターを勇退することが発表された(後任は小松靖[4]。以降も同番組を降板せず、コメンテーター・スペシャルリポーターを担当する予定となっている[4]

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

映画[編集]

この他にも、映画の宣伝特番では進行役を務めたこともある。また、『ドラえもん』リニューアル記者会見の司会も務めた。

同期のアナウンサー[編集]

補足[編集]

渡辺が入社した1977年は、1980年のモスクワオリンピック独占放送権を得た同社が、オリンピックに向けた人材養成を見越してアナウンサーを大量採用した年であった。ちなみに、NET(日本教育テレビ)からテレビ朝日(当時の正式社名は「全国朝日放送」)に名称変更の頃であった。2012年1月時点では、朝(吉澤)・昼(佐々木)・夕(渡辺)・夜(古舘)の各時間帯で1977年入社のアナそれぞれ出演していた(古舘はフリーに転身している)。

脚注[編集]

関連人物[編集]