東急エージェンシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社東急エージェンシー
TOKYU AGENCY INC.
東急エージェンシーロゴ.jpg
HIBIYA FORT TOWER.jpg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
107-8417
東京都港区西新橋1丁目1番1号 日比谷フォートタワー
設立 1961年(昭和36年)3月
業種 サービス業
法人番号 6010401019178 ウィキデータを編集
事業内容 広告代理業
代表者 代表取締役社長:澁谷尚幸
売上高 1,043億53百万円(2021年3月期)
従業員数 1,048人(2022年3月現在)
決算期 3月
主要株主 東急 85.9%
外部リンク http://www.tokyu-agc.co.jp/
テンプレートを表示
港区赤坂の旧本社

株式会社東急エージェンシー(とうきゅうエージェンシー)は、東京を拠点とする、日本の広告代理店である。東急グループの企業として1961年(昭和36年)に設立された。

概要[編集]

日本の広告業界において第6位の規模。多くの生活者接点を持つ東急グループならではのリアルに設計された実効性の高いマーケティングソリューション・体験づくりを実現。Amazing Experienceを生み出すための、東急エージェンシーの独自性・ユニークネスであると掲げる[1]

創業は1961年(昭和36年)で、東京急行電鉄をはじめとする東急グループの出資によって設立された。1971年(昭和46年)には、NETテレビ(後のテレビ朝日)や朝日新聞社との共同出資によって、日本ケーブルテレビジョンを設立している。

その他[編集]

東急エージェンシー出身の著名人には、一条真也(作家・経営者)、増田俊男(時事評論家)、三宅眞(政治評論家三宅久之の三男、現・狛江市議会議員)らがいる。

メディア[編集]

テレビ

名古屋テレビ(メ~テレ)制作のアニメ枠には『鎧伝サムライトルーパー』から『まじめにふまじめ かいけつゾロリ』までの約19年間携わっており、その間に制作された『勇者シリーズ』のテレビシリーズ全作に関わっている。

テレビ愛知制作のアニメ枠についても『神八剣伝』から『ワンワンセレプー それゆけ!徹之進』までの作品の制作に参加していた。

業績[編集]

年次

社内クリエイティブブランド[編集]

難しい課題を、アイデアの力で解決する専門家集団=クリエイティブブランド が社内に存在する。

顧客例[編集]

不祥事・諸問題[編集]

* 2021年6月7日の東京五輪・パラ大会開会直前、JOCの経理部長が都営地下鉄浅草線中延駅で、電車に飛び込み逝去した。折しも、東京五輪・パラ大会の大会運営業務委託に絡み、東急エージェンシー、フジクリエイティブコーポレーションADK博報堂、そして電通など大手広告代理店数社や人材派遣会社パソナによる、「日給35万」といった人件費や管理費名目の多額にのぼるピンハネ丸投げがテレビ報道での告発や国会審議などで問題化されており、様々な推察や臆測を呼んでいる[2][3][要出典]

{{要出典範囲|date=2022年11月|=== 2020年東京五輪テスト大会をめぐる独占禁止法違反疑惑 ===

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]