下重暁子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

下重 暁子(しもじゅう あきこ、1936年5月29日 - )は、日本作家評論家エッセイスト栃木県宇都宮市出身。元NHKアナウンサーJKA会長称号文学士

人物[編集]

9歳の時に疎開先の奈良で終戦を迎える[1]1959年早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。名古屋勤務を経て東京に戻り、人気アナウンサーとなった。1968年にフリーとなり、『長谷川肇モーニングショー』(NETテレビ)等のキャスターを経て、文筆活動に入る[2]。作家・評論活動だけでなく、講演も行っている。芥川賞作家の黒田夏子は早大教育学部の同級生で同人誌仲間。

2005年に、最後の日本自転車振興会(第12代)会長に就任。後にガールズケイリンと称して復活することになる女子競輪の再開を強く要望[3]し、2008年エキシビションながらも女子のケイリンレース実施を実現した後、2010年9月30日に女子競輪を2012年7月に復活させることを決定した[4]。また、2008年に財団法人JKAの初代会長に就任し、2011年3月31日まで同職を務めた。

エピソード[編集]

  • 「下重暁子」は旧姓。結婚した時改姓したが、旧姓のままでいたかった、としている。選択的夫婦別姓にも賛同し、死ぬ前には事実婚に戻し、「下重暁子」として死にたい、としている。「夫婦同姓は明治期からの制度であり、伝統でもなんでもない。」「通称利用で現制度の不利益が緩和されるなどということはない。」としている[5]
  • 2015年幻冬舎から『家族という病』を出版し、50万部のベストセラーとなった。同書の中で下重は「親や家族の期待は子供をスポイルしている」「配偶者は他人」などと家族の価値を否定し、自立した個人の重要性を強調した。これに対して金美齢は「歪んだ家族論」「傲岸不遜と言わずして、なんと言おう」と下重を批判し、2016年に反論本である『家族という名のクスリ』を出版した[6]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『もうひとりのあなたに』大和書房 銀河選書 1967
  • 『なぜ結婚にあこがれるか 自発的適齢期のすすめ』三笠書房 1973
  • 『エチケット手帖 あなた自身のために』(ひかりのくに、1974年)
  • 『聞き上手・話し上手 人に好かれる秘訣』(大和出版、1975年)
  • 『小さな旅 漂う日々に』(サイマル出版会、1976年)
  • 『ゆれる24歳 私に語ったOLたち』(サイマル出版会、1977年)
  • 『女性24歳からのライフ学 女が上手に自立する方法』(大和出版、1978年)
  • コーランの声が聞こえる 私のカイロ日記』(サイマル出版会、1978年)
  • 『女性24歳からのライフ学』大和出版 1978
  • 『女性24歳からのキャリア学』大和出版 1979
  • 『悲しいときに野菜を食べる わたしの妖精物語』大和書房 1980
  • 『自分を生きる結婚 愛と自立を育くむ暮し』海竜社 1980
  • 『好きなもの歳時記 弥生叢書』(国鉄厚生事業協会、1980年)
  • 『時の感覚』(日本書籍、1980年)
  • 『ひとりで歩く女は美しい 下重暁子のエチケットエッセイ』白石書店 1982
  • 『女が男にほれる一瞬 男のここが好き、ここがきらい』日本実業出版社 エスカルゴ・ブックス 1983
  • 『ひそやかに女は船出する』(海竜社、1983年)
  • 『女も冒険者になれる』(第一企画出版、1983年)
  • 『思えばこの世は仮の宿』(講談社、1984年)
  • 『「自分」をもった女が美しい―仕事も結婚も両立できる方法 』(大和出版、1984年)
  • 『猫想い』(学習研究社、1984年)
  • 『風は女から吹く』(三笠書房、1985年)
  • 『女が30代にやっておきたいこと 不安と焦りに揺れるあなたへ』大和出版 1986
  • 『聞き上手話し上手 人に好かれる秘訣』大和出版 1986
  • 『女性24歳からのライフ学 女が上手に自立する方法』大和出版 1986
  • 『二十四歳の心もよう』(講談社、1986年)のち講談社+α文庫 
  • 『20代に女がしておくべきこと 後悔しない「恋・仕事・結婚」の方法』(大和出版、1987年)
    • 『女20代「私(わたし)」を信じる 自分らしい人生へのヒント』2009 
  • 『ロミは鳥になった』講談社 1987
  • 『女性24歳からの自分学 “シングル感覚”でしなやかに生きる法』(大和出版、1987年)
  • 『素敵に生きる女の心づかい』(海竜社、1988年)
  • 『女が40代にしておくこと "本当の人生"はこれから始まります』(大和出版、1988年)
    • 『女40代いま始める 人生のターニングポイントの過ごし方』2009 
  • 『こんな結婚がしたい』(海竜社、1989年)
  • 『10代に女は何をしておくべきか 生き方が決まる「恋・勉強・友だちづくり」の方法』(大和出版、1989年)
    • 『女10代自分を始める 今やっておくべきこと、今しかできないこと』2009 
  • 『気分はシングルライフ ひとりがあってふたりがある』(講談社、1991年)
  • 『鋼の女 最後の瞽女・小林ハル』(講談社、1991年)のち集英社文庫
  • 『窓辺のサガン 愛猫・フォト・エッセイ』(主婦と生活社、1991年)
  • 『素敵に年を重ねる女の生き方』(海竜社、1992年)
  • 『いま「女である」ということ 素敵に愛し,しなやかに働き,輝いて生きる』大和出版 1992
  • 『ちょっと上等な午後 ”和”の暮らしに憧れて』(PHP研究所、1993年)
  • 『旅のかたみ』(メディアファクトリー、1994年)
  • 『贅沢な時間 ひそやかな女の人生の愉しみかた』(大和出版、1994年)
  • 『純愛 エセルと陸奥広吉』(講談社、1994年)
  • 『ゆれる24歳 女20代の生き方』講談社+α文庫 1994
  • 『いつだってもうひと花 素敵に老いる心支度』海竜社 1996
  • 『大人が信じられない 私の反抗期』ポプラ社 新・のびのび人生論 1996
  • 『女を楽しむ「私のスタイル」 自分らしく、無理なく生きるヒント』大和出版 1996
  • 『女が30代にやっておきたいこと 不安と焦りに揺れるあなたに』大和出版 1996
    • 『女30代決断のとき 結婚していても、していなくても』2009 
  • 『女50代もっと楽しんで生きる いつまでも若々しい自分へのヒント』大和出版 1996
    • (改題)『女50代美しさの極意 いま、自分らしく個性的に生きる』大和出版 2008
  • 『蜃気楼(ミラージュ)』(小説集)近代文芸社 1997
  • 『物語の女たち』(くもん出版、1998年)
  • 『「ふたり暮らし」を楽しむ 不良老年のすすめ』大和出版 1999 のち集英社文庫 
  • 『ゆれる24歳プラス5 in N.Y、』講談社 1999
  • 『不良老年のすすめ 心意気がいちばん』(大和出版2000年)のち集英社文庫 
  • 『シンプルのすすめ 物も友だちもたくさんはいらない』(あさ出版、2002年)
  • 『沈黙はこわくない 話し方のヒント』大和出版 2001
  • 『藍木綿の筒描き』(暮しの手帖社、2002年)
  • 『"ひとり"を思うまま楽しみつくすルール』(青春出版社2003年)『孤独の作法』中経の文庫
  • 『女60代輝いて生きる 思いきり羽ばたいてみよう』大和出版 2004
    • 『女60代「もうひと花」の決意 自分を信じて羽ばたいてみよう』大和出版 2008
  • 『くちずさみたくなる名詩』選・著・朗読 海竜社 2004
  • エロイーズ・カニングハムの家』(白水社、2005年)
  • 『砂漠に風が棲んでいる 素顔のエジプト滞在記』角川地球人books 2007
  • 『持たない暮らし』中経の文庫、2008年)のちKADOKAWA
  • 『老いの覚悟』海竜社 2011
  • 『恋する覚悟』中経の文庫 2011
  • 『晩年の発見 わたしに残された時間』大和書房 2011
  • 『ブレーキのない自転車 私のまっすぐ人生論』東京堂出版 2012
  • 『老いの戒め』海竜社 2013
  • 『この一句 108人の俳人たち』大和書房 2013
  • 『最後はひとり』PHP研究所 2014
  • 『ちょっと気のきいた大人のたしなみ』青萠堂 2015
  • 『家族という病』幻冬舎新書2015年

共著[編集]

役職[編集]

テレビ出演[編集]

爆報THEフライデー(TBS)

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2014年TBS「日曜劇場『おやじの背中』」で取り上げられた。終戦1週間後に陸軍の幹部だった父が軍服に大きなリュックサックを背負って来て、話もせず庭で大量の書類を焼き出した…戦後は公職追放になり、始めた仕事はことごとく失敗した。父は落ちた偶像になったが、後に母とのラブレターを発見して見直したという(「余録」毎日新聞2014年)8月30日)。
  2. ^ 白井隆二「ぶらうん管うらがえ史PARTII ワイドショーの昭和四十年代」(『放送批評』1984年2月号、P62)
  3. ^ あんなこんなそんなおんな 第185回 ■威張れ!頑張れ!■ 中山千夏(在日伊豆半島人)
  4. ^ 女子競輪復活!12年7月に48年ぶりレース開催へ(スポニチアネックス 2010年9月30日付)
  5. ^ 「家族はどこへ」毎日新聞、2016年2月12日
  6. ^ 金 美齢 家族を持つ幸せPHP Online 衆知 5月2日
先代:
-
JKA会長(初代)
2008.4.1 - 2011.3.31
次代:
石黒克巳