宇賀なつみ

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

うが なつみ
宇賀 なつみ
Natsumi Uga.jpg
2020年11月撮影
プロフィール
本名 非公表
愛称 宇賀ちゃん
出身地 日本の旗 日本 東京都練馬区
生年月日 (1986-06-20) 1986年6月20日(36歳)[1][2]
血液型 AB型 [3]
最終学歴 立教大学社会学部産業関係学科
所属事務所 フリー
職歴 テレビ朝日アナウンサー(2009年4月 - 2019年3月)
フリー(2019年4月 - )
活動期間 2009年 -
配偶者 あり(2017年 - )
公式サイト NATSUMI UGA official website
出演番組・活動
出演中池上彰のニュースそうだったのか!!
土曜はナニする!?
出演経歴報道ステーション
グッド!モーニング
初めて○○やってみた
羽鳥慎一モーニングショー

宇賀 なつみ(うが なつみ、1986年6月20日[1][2][4] - )は、日本フリーアナウンサータレント。元テレビ朝日アナウンサー

略歴

生い立ち

東京都練馬区出身。東京都立大泉高等学校立教大学社会学部産業関係学科卒業。

小学校時代はバレーボールバトン、中学時代は吹奏楽部、高校では応援団の活動をしていた。高校時代には、チアリーダーに憧れて応援団に入ったものの、入団後は学生服姿で応援していた。

テレビ朝日アナウンサー

大学卒業後の2009年4月1日に、アナウンサーとしてテレビ朝日に入社[5]。入社当日に『報道ステーション』の2代目気象キャスターとして、番組デビューを果たした。

同期入社のアナウンサーは、板倉朋希加藤真輝子三上大樹。ただし、宇賀と加藤は、入社直後から平日の帯番組へレギュラーで出演していた(加藤の出演番組は『やじうまプラス』)。そのため、通常はテレビ朝日および主要系列局の新人・若手アナウンサーが務める全国高校野球選手権大会中継朝日放送制作)の「燃えろ!ねったまアルプス」リポーターを経験していない。2009年の中継には、テレビ朝日から男性アナウンサーの板倉と三上が派遣されている。

入社当日から2014年3月28日までの5年間は、レギュラー番組を『報道ステーション』に限定。2011年8月15日から、先輩アナウンサー・武内絵美が出産・育児休暇に入ったことを受けて、武内の後任でスポーツキャスターに就任した[6](武内は2013年からニュースリポーターとして復帰)。また、武内が担当していた「朝日新聞」夕刊の連載企画『戦士のほっとタイム』のインタビュアーも、同年9月20日付の紙面から継承[7]2013年3月29日には、同企画の内容をまとめた自身初の著書『宇賀なつみ 戦士のほっとタイム』が、朝日新聞出版から刊行された。

2014年3月31日からは、平日早朝の情報番組『グッド!モーニング』のサブキャスターに異動[8]4月14日からは、『ここがポイント!!池上彰解説塾』(『報道ステーション』月曜日の前枠番組)で、出身高校の先輩・池上彰と共演している。その一方で、同月2日から2015年5月3日まで放送されていた深夜番組『初めて○○やってみた』では、MCとして、入社後初めてバラエティ番組にレギュラーで出演[9]6月9日発売の『週刊プレイボーイ』(集英社)には、同番組への出演開始にちなんで、「初めてグラビアやってみた」というテーマで撮影されたグラビアが掲載されている。

『ここがポイント!!池上彰解説塾』と後継番組・『池上彰のニュースそうだったのか!!(2015年4月放送開始)において池上のアシスタントを務めている。同年10月改編では、『グッド!モーニング』のサブキャスターから、『羽鳥慎一モーニングショー』のアシスタントに転じている。

2019年3月末で『羽鳥慎一モーニングショー』を降板し、入社から10年の節目をもってテレビ朝日を退社[10][11][12][13]。退社後の活動については「個人でコツコツと活動していく」とし、自身のInstagramを通じて情報発信していくとしている[14][15]

フリーアナウンサー

2019年4月よりフリーアナウンサーに転身し、同月1日付で公式ウェブサイトを開設[16]。『池上彰のニュースそうだったのか!!』の進行を引き続き担当する一方で、同月より放送予定の初の冠レギュラー番組『川柳居酒屋なつみ』(テレビ朝日)でMCを務める[17][18]。またTBSラジオにて『宇賀なつみ BATON』を[19]TOKYO FMにて『日本郵便 SUNDAY'S POST』のパーソナリティを務めるなど、これまで未経験の分野であったラジオディスクジョッキーにも挑戦する[20]

2020年4月4日スタートの関西テレビフジテレビ系列の土曜朝情報バラエティ番組『土曜はナニする!?』では山里亮太南海キャンディーズ)とコンビを組んで司会に起用される[21]。宇賀にとってはフリー転向後初となる他局レギュラー番組ともなる。

私生活

立教大学時代の同級生だった会社員男性と、2017年5月5日婚姻届を提出し結婚。同月9日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』の番組冒頭にて発表した[22][23][24]

人物

身長164cm[25]

趣味は旅行、音楽、ドライブ[25]

特技はお酒[25]。「テレ朝イチの酒豪」として知られるほどの有名人で[26][27][28]、一晩でワイン3本を空けることもあるという[29]。100歳になっても酒を飲みたいと述べている[30]

資格は普通自動車免許漢字検定2級[25]

女優の観月ありさは、練馬区内の小学校・中学校の先輩に当たる[31]

TBS出身のフリーアナウンサー田中みな実とは、同じ2009年にアナウンサーになった縁で交流がある[32][33]

2020年現在の宇賀は芸能事務所には所属せず、個人事務所にての活動が仕事の基盤である。「宇賀はやりたい仕事だけをやる、というマイペース型。それでいてしっかり成功するのは、相当に計算された処世術があるはず」・前述のお酒の話と絡めて「(宇賀は)酒は呑んでも、酒の勢いは借りない堅実処世。」とも評されている[34]

2021年4月以降は必ず週2日は休み、かつ月2回は週3回休むと決めて、それを死守しているという[35]

出演

テレビ

テレビ朝日アナウンサー時代
2014年4月から同年9月までは内包番組「ANN朝ニュース」を担当した。
フリーアナウンサーへ転身以降

ドラマ

ラジオ

  • 日本郵便 SUNDAY'S POST(2019年4月7日 - 、TOKYO FM) - パーソナリティ[20]
  • 宇賀なつみ BATON(2019年4月12日 - 2019年9月27日、TBSラジオ) - パーソナリティ[19]
  • Blue Ocean (2019年8月5日 - 9日・2020年5月4日 - 5月8日、TOKYO FM) - 代理パーソナリティー
  • テンカイズ(2019年10月2日 - 、TBSラジオ) - パーソナリティ[38]
  • ホリデースペシャル RADIO EXPO〜赤坂パビリオン〜(2020年2月11日、TBSラジオ) - 第2部パーソナリティ

映画

Web

  • 松本隆 作詞活動50周年記念オフィシャル・プロジェクト「風街ちゃんねる」(2020年12月12日 - 2021年10月31日[月1回配信、全6回]) - MC[39]
  • キングダムニュース」(2022年4月 - [週1回配信]) - アナウンサー[40]

ナレーター

  • 「世界大自然紀行:スカンジナビア半島」(ナショナルジオグラフィック) - 日本語ナレーション

新聞連載

  • 朝日新聞夕刊スポーツ面『戦士のほっとタイム』インタビュアー(基本として月に1回のペースで掲載)
2014年4月からは2016年3月までは、後輩アナウンサー・青山愛(2017年6月にテレビ朝日を退社)が、『報道ステーション』のスポーツ担当と共に引き継いだ。

著書

同期アナウンサー

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 宇賀なつみのプロフィール Ameba (アメーバ)”. サイバーエージェント. 2016年4月11日閲覧。
  2. ^ a b 宇賀なつみアナ「いい女になるぞ!!」33歳誕生日 日刊スポーツ 2019年6月21日
  3. ^ 宇賀なつみ OFFICIAL SITE
  4. ^ 宇賀なつみアナ、グラビア経験でポージングに自信アリ!?”. ザテレビジョン (2014年6月24日). 2021年2月22日閲覧。
  5. ^ 惜しまれつつ3月末にテレビ朝日を退社! 宇賀なつみアナの型破り伝説”. 週プレNEWS (2019年2月10日). 2020年11月24日閲覧。
  6. ^ テレ朝「報ステ」スポーツ担当に宇賀アナ抜てき スポーツニッポン 2011年7月30日閲覧
  7. ^ 戦士のほっとタイム(2011年9月21日時点のアーカイブ) - 朝日新聞 2011年9月20日閲覧
  8. ^ 宇賀なつみアナ、テレ朝の朝の顔!「グッド!モーニング」司会(2014年1月30日時点のアーカイブ) - スポーツ報知 2014年1月30日閲覧
  9. ^ 宇賀なつみアナがドキドキの初体験 バラエティー番組に進出しMCに挑戦(2014年3月28日時点のアーカイブ) - インターネットTVガイド2014年3月28日
  10. ^ 宇賀なつみ (2019年1月11日). “ご報告”. 羽鳥慎一モーニングショー 宇賀なつみオフィシャルブログ「宇賀なつみの楽しくいきまショー」. 2019年1月11日閲覧。
  11. ^ “宇賀なつみアナ「時間かけて考えて決断」3月で降板”. 日刊スポーツ. (2019年1月11日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201901110000149.html 2019年1月11日閲覧。 
  12. ^ “宇賀なつみアナ「モーニングショー」涙の卒業「この10年を誇りに笑顔で前を向いて…」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年3月29日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/29/kiji/20190329s00041000108000c.html 2019年3月31日閲覧。 
  13. ^ “宇賀なつみアナ、テレビ朝日退社報告「最後は感極まってしまいました」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年3月31日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/31/kiji/20190331s00041000313000c.html 2019年3月31日閲覧。 
  14. ^ 宇賀なつみ (2019年2月15日). “皆さまへ”. 羽鳥慎一モーニングショー 宇賀なつみオフィシャルブログ「宇賀なつみの楽しくいきまショー」. 2019年2月24日閲覧。
  15. ^ “退社発表の宇賀なつみアナ、4月以降は個人で活動”. 日刊スポーツ. (2019年2月15日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201902150000996.html 2019年2月24日閲覧。 
  16. ^ “元テレ朝・宇賀なつみアナ「私の独立記念日」公式HPも開設”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年4月1日). https://hochi.news/articles/20190401-OHT1T50109.html 2019年4月2日閲覧。 
  17. ^ a b “宇賀なつみアナ:フリー転身後は“小料理屋の女将”に テレ朝で新番組「川柳居酒屋なつみ」”. MANTANWEB (MANTAN). (2019年2月26日). https://mantan-web.jp/article/20190225dog00m200073000c.html 2019年2月26日閲覧。 
  18. ^ a b “宇賀なつみアナ、小料理屋の女将になる フリー転身後いきなり冠レギュラー決定”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年2月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2130324/full/ 2019年2月26日閲覧。 
  19. ^ a b “テレ朝退社の宇賀なつみ、TBSラジオでフリー初の冠番組”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2019年4月3日). https://hochi.news/articles/20190403-OHT1T50062.html 2019年4月3日閲覧。 
  20. ^ a b “フリー転身の宇賀なつみ「ラジオ番組の初レギュラー」が決定”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2019年4月2日). https://www.sanspo.com/article/20190402-WBXE7S54RVL6JFLFMGODD4P33Q/ 2019年4月2日閲覧。 
  21. ^ a b "2020年4月4日スタート 毎週土曜 午前8:30 カンテレ土曜朝の新番組!". 土曜はナニする!?(仮). 関西テレビ放送. 28 February 2020. 2020年2月28日閲覧
  22. ^ “テレ朝・宇賀なつみアナが結婚!お相手は大学時代の同級生”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年5月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/09/kiji/20170509s00041000029000c.html 2017年5月9日閲覧。 
  23. ^ “テレ朝“朝の顔”宇賀なつみアナ結婚へ お相手はイケメン新聞社社員”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年1月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/01/kiji/20161231s00041000215000c.html 2017年5月9日閲覧。 
  24. ^ “テレ朝・宇賀なつみアナ、結婚生報告 お相手は大学時代の同級生”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年5月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2090399/full/ 2017年5月9日閲覧。 
  25. ^ a b c d 宇賀なつみ”. アナウンサーズ. テレビ朝日. 2019年2月26日閲覧。
  26. ^ 小川彩佳 (2012年9月18日). “宇賀アナVS加藤アナ 同期対決!どっちの方がお酒に強いの?!”. アナウンサーズ. Q&A. テレビ朝日. 2019年2月26日閲覧。
  27. ^ “テレ朝イチの酒豪・宇賀アナ 朝の番組に異動で飲む機会消滅”. NEWSポストセブン (小学館). (2014年10月9日). https://www.news-postseven.com/archives/20141009_280465.html 2019年2月26日閲覧。 
  28. ^ “テレ朝いちの酒豪「宇賀なつみアナ」退社後は思う存分の飲酒”. Smart Flash (光文社). (2019年1月5日). https://smart-flash.jp/showbiz/59238 2019年2月26日閲覧。 
  29. ^ ““女将”宇賀なつみアナ、脱サラで小料理店“開店” 古巣でフリー転身後初レギュラー番組”. SANSPO.COM (産経デジタル): p. 2. (2019年2月26日). https://www.sanspo.com/article/20190226-F3PV23SS7VP3JIA4CNUT2S2DAA/2/ 2019年2月26日閲覧。 
  30. ^ 宇賀なつみ「100歳になっても『あ~、おいしい』と言ってビールを飲みたい(笑)」”. 産経ニュース (2022年9月22日). 2022年9月22日閲覧。
  31. ^ "宇賀なつみアナ 実は小中学校の先輩! 憧れの観月ありさと夢実現に「こんな美女2人もいる学校いいな」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 5 May 2022. 2022年5月5日閲覧
  32. ^ デート♪(2010年6月9日時点のアーカイブ) - 田中みな実のみなはっぴー2010年6月5日
  33. ^ 宇賀ちゃん♪(2011年9月25日時点のアーカイブ) - 田中みな実のみなはっぴー2011年9月17日
  34. ^ “やりたい仕事だけやる”宇賀なつみが成功する理由……小川彩佳、田中みな実とは違う道”. 「週刊文春」編集部 (2020年6月16日). 2020年6月17日閲覧。
  35. ^ https://news.yahoo.co.jp/articles/6e46d47d554ffd675eba9b08e850375fdcf0246c
  36. ^ “宇賀なつみアナ、目に涙を浮かべ卒業「胸がいっぱいに…」”. デイリースポーツ online. (2019年3月29日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/03/29/0012191386.shtml 2019年3月29日閲覧。 
  37. ^ “宇賀なつみアナ「想像できない」“女優デビュー”に”. 日刊スポーツ online. (2020年12月17日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/202012170000559_m.html?mode=all 2020年12月17日閲覧。 
  38. ^ “TBSラジオ 2019年秋の新番組情報!” (日本語) (HTML) (プレスリリース), TBSラジオ, (2019年9月18日), https://www.tbsradio.jp/410367 2019年10月7日閲覧。 
  39. ^ 松本隆の作詞活動50周年プロジェクト始動、Web番組「風街ちゃんねる」配信”. 音楽ナタリー (2020年11月20日). 2021年5月14日閲覧。
  40. ^ 報道番組「キングダムニュース」2代目アナウンサーには宇賀なつみさんが就任”. テレビアニメ『キングダム』公式サイト(キングダム製作委員会)date=2022-03-28. 2021年4月11日閲覧。

外部リンク