宇賀なつみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
うが なつみ
宇賀 なつみ
プロフィール
愛称 宇賀ちゃん
出身地 日本の旗 日本 東京都
生年月日 1986年6月20日(27歳)
最終学歴 立教大学社会学部産業関係学科
勤務局 テレビ朝日
部署 アナウンス部
活動期間 2009年 -
公式サイト 公式プロフィール
出演番組・活動
現在 グッド!モーニング
ここがポイント!池上彰解説塾
過去 報道ステーション

宇賀 なつみ(うが なつみ、1986年6月20日 - )は、テレビ朝日の女性アナウンサー

人物[編集]

東京都の出身で、東京都立大泉高等学校から立教大学社会学部産業関係学科へ進学。小学校時代はバレーボールバトン、中学時代は吹奏楽部、高校では応援団の活動をしていた。高校時代には、チアリーダーに憧れて応援団に入ったものの、入団後は学生服姿で応援していた。

大学卒業後の2009年4月1日に、アナウンサーとしてテレビ朝日に入社。入社当日に『報道ステーション』の2代目気象キャスターとして、番組デビューを果たした。

同期入社のアナウンサーは、板倉朋希加藤真輝子三上大樹。ただし、宇賀と加藤は、入社直後から平日の帯番組へレギュラーで出演していた(加藤の出演番組は『やじうまプラス』)。そのため、通常はテレビ朝日および主要系列局の新人・若手アナウンサーが務める全国高等学校野球選手権大会中継朝日放送制作)の「燃えろ!ねったまアルプス」リポーターを経験していない。ちなみに、2009年の中継には、テレビ朝日から男性アナウンサーの板倉と三上が派遣されている。

入社当日から2014年3月28日までの5年間は、レギュラー番組を『報道ステーション』に限定。2011年8月15日から、先輩アナウンサー・武内絵美が出産・育児休暇に入ったことを受けて、武内の後任でスポーツキャスターに就任した[1](武内は2013年からニュースリポーターとして復帰)。また、武内が担当していた「朝日新聞」夕刊の連載企画『戦士のほっとタイム』のインタビュアーも、同年9月20日付の紙面から継承[2]2013年3月29日には、同企画の内容をまとめた自身初の著書『宇賀なつみ 戦士のほっとタイム』が、朝日新聞出版から刊行された。

2014年3月31日からは、平日早朝の情報番組『グッド!モーニング』のサブキャスターに異動[3]4月14日からは、『ここがポイント!池上彰解説塾』(『報道ステーション』月曜日の前枠番組)で、出身高校の先輩・池上彰と共演する。その一方で、4月2日から放送中の深夜番組『初めて○○やってみた』では、MCとして、入社後初めてバラエティ番組のレギュラーを務めている[4]

TBSアナウンサーの田中みな実とは、同じ時期にアナウンサーになった縁で交友がある[5][6]。また、同期入社の加藤によれば、平均で5時間以上も飲み続けられるほど酒に強いという。

現在の担当[編集]

テレビ番組[編集]

過去の担当[編集]

テレビ番組[編集]

新聞連載[編集]

  • 朝日新聞夕刊スポーツ面『戦士のほっとタイム』インタビュアー(基本として月に1回のペースで掲載)
    • 2014年4月からは、後輩アナウンサー・青山愛が、『報道ステーション』のスポーツ担当と共に引き継ぐ。

著書[編集]

同期アナウンサー[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]