羽鳥慎一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
はとり しんいち
羽鳥 慎一
プロフィール
愛称 バード
出身地 日本の旗 日本 埼玉県上尾市
生年月日 1971年3月24日(45歳)
血液型 A型
最終学歴 早稲田大学政治経済学部経済学科
所属事務所 株式会社TakeOFF
職歴 日本テレビアナウンサー
活動期間 1994年 -
ジャンル 報道・情報・娯楽番組
配偶者 一般女性(1996年 - 2012年)
渡辺千穂(2014年 - )
公式サイト 公式プロフィール
出演番組・活動
現在 羽鳥慎一モーニングショー
ぐるぐるナインティナイン
人生が変わる1分間の深イイ話』など
過去 モーニングバード
ズームイン!!SUPER
ズームイン!!サタデー』など

羽鳥 慎一(はとり しんいち、1971年3月24日 - )は、日本フリーアナウンサータレント司会者埼玉県上尾市出身。元日本テレビアナウンサー。現:株式会社TakeOFF所属。身長182cm。血液型A型。愛称は原辰徳命名によるバード

人物[編集]

来歴[編集]

早稲田大学政治経済学部経済学科卒業[1]

日本テレビへ1994年4月に入社。志望動機は野球の実況をしたかったためで、第一志望の放送局が日本テレビであった。なお、同年フジテレビに採用されたのは、同じ早稲田大学の佐野瑞樹であり、佐野とはフリー転身後にフジテレビ『ボクらの時代』(2015年2月8日放送)で共演を果たしている。日本テレビ時代の同期は藤井貴彦。なお貴彦と同姓(両者間に血縁関係はない)のアナウンサーであった藤井恒久とは日本テレビ時代の羽鳥のライバルであった。

入社後は『ズームイン!!サタデー』(以下『ズムサタ』)、『ズームイン!!SUPER』(以下『ズームイン!!』)の司会やプロ野球中継の実況、NNN24の朝のニュース枠『モーニングライブ』のキャスター(平日担当)、『ものまねバトル』の総合司会などを担当する。

2009年12月31日放送のNHK第60回NHK紅白歌合戦』にFUNKY MONKEY BABYS(後述)の応援でゲスト出演。この出演について、上司から「ダウンタウン(『ダウンタウンのガキの使い大晦日年越しSP!!絶対に笑ってはいけないホテルマン24時』)が頑張ってるけどしっかりね」と言われたことやノーギャラ出演だったことを明かしている[2]

2011年3月31日を以って日本テレビを退社[3]。その後はフリーとなる。当初、フリーになることは考えていなかったという。2011年1月27日の退社表明会見では、「40という人生の節目に、自分の可能性を試してみようと思い決断しました。柔軟に、体力もあって、いろいろ動けるうちに挑戦してみようという思いがあります」とコメントした。新人時代から番組に関わっており思い入れが強かった『ズームイン!!』の終了が決まったことも退社の理由の1つだったという[4]。その後、『情報満載ライブショー モーニングバード』の司会に就任することが決定。退職直後の起用は放送界の慣例を覆す異例の登板であると報道されたが、テレビ朝日社長の早河洋は会見で「日本テレビの氏家齊一郎会長(当時)をはじめ、関係者の寛大なご判断があった。大変感謝しています」と日本テレビの理解が得られたためと述べた[5][6]。当初、このオファーに本人も迷ったが『ズームイン』のスタッフに励まされ、受けることを決めた。また、羽鳥のこの離れ業でフリー転身後の身でも他局からの仕事を請けやすくなったという向きもある[7]

フリー転身後は『情報満載ライブショー モーニングバード!』→『モーニングバード』→『モーニングショー』、『1番ソングSHOW』の司会などを務めている。局アナ時代から担当していた『人生が変わる1分間の深イイ話』、『ぐるぐるナインティナイン』にもフリーの立場で出演継続している。これ以外にも『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』など古巣・日本テレビの特別番組に多く起用されており、2011年10月からは『1番ソングSHOW』にも起用された。羽鳥の重要な番組での相次ぐ起用に日本テレビ内から不満の声もあるが、女性アナウンサーの流失や器用な男性アナウンサーが育成できていないため、やむを得ず羽鳥が起用されているとの報道がある[8]

an・an調査による2006年度「好きな男性アナウンサーランキング」では1位。オリコン調査による「好きな男性アナウンサーランキング」では長年TBSの安住紳一郎に次いで2位だったが、安住が殿堂入りした2010年には初の1位となった。

2013年6月20日、前年を以って司会を退いた小倉智昭の後任として、『サントリー1万人の第九 "10000 Freude"』の新司会者になる事が発表された[9]。現在(2016年7月時点)では、テレビ東京系列の番組の出演歴がない。

2013年9月に一人暮らしをしていた父親が、近くに住んでいた姉がたまたま数日連絡を取らなかった間に死亡したため、孤独死になったと公表している[10]

少年時代[編集]

  • 中学(横浜市立境木中学校)・高校時代は、野球部に所属。中学はセカンド、高校ではアンダースローの投手、2年まではオーバースローだった。
横浜平沼高校の野球部時代に、後に2年連続でセ・リーグ首位打者を獲得する鈴木尚典(当時横浜高校)と対戦し、2打席連続三振を奪ったことがある。ただし、その後の3打席で3安打を打たれた。エースとして夏の神奈川大会4回戦まで進出した実績がある[5]

私生活[編集]

フリー転身により羽鳥が多忙になったことによって家族と過ごす時間が減り、妻がアロマセラピーインストラクターとしての仕事が軌道に乗りはじめたことで、互いの仕事を優先することとなった。娘は母が仕事をすることに理解を示しており、離婚についても「父親(羽鳥)と会えなくなる訳ではない」と反対はしていなかったという[12]
  • 2012年8月にテイクオフ社長主催の会食で知り合い同年11月頃より渡辺千穂と交際、2013年4月23日放送の『モーニングバード!』の冒頭で交際を公表[13]。約2年の交際期間を経て2014年8月18日に渡辺と結婚[14][15][16]。2016年1月末に女児が誕生[17]
  • 渡辺が2016年下期のNHK連続テレビ小説べっぴんさん』の脚本を担当、総合テレビの『べっぴんさん』本放送の裏番組に『モーニングショー』があり、デイリースポーツ毎日新聞は「夫婦対決」と取り上げた[18][19]
  • 日本テレビ時代の年収は1000万円程度だったという。一方、フリー転身後は局アナ時代の年収を3週間程度で稼ぐ程の収入を得るようになった[20]
  • フリー転身後に応じた週刊誌(2011年発売)のインタビューにおいて、日本テレビ『ZIP!』(自身が2代目男性司会者を務めた『ズームイン!!SUPER!』の後継番組)をよく視聴していることや後輩で同番組メインキャスターである桝太一にアドバイスをしていることを明かした。
  • 同期である藤井貴彦に対し、「自分がフリーになる時は1番最初に藤井に伝える」と述べていたが、結果的にこの約束は破ることとなり、藤井はこのことに傷ついていると話している[21]
  • アナウンサー同期である木佐彩子(元フジテレビ所属)にかつて好意を持っており、日テレの社員食堂のカードを買う暗証番号は最後まで「0526」(木佐の誕生日にかけたもの)にしていた[22]。なお、木佐本人にも暗証番号の件は伝えたが、本人は苦笑いだったという[23]

趣味・嗜好など[編集]

  • 嫌いな食べ物はトマト[24]
  • 酒豪であり、早めに帰宅した際は昼間から飲むこともある。2010年に痛風になったことがある[25]
  • 非喫煙者である[26]が、声については数年に一度、全く出なくなる時があるという[27]
  • カラオケの十八番はTUBEあー夏休み」。その他にもKinKi Kidsもよく歌う。羽鳥自身、嵐ファンでもある。
  • 吉川晃司の大ファンで、コンサートにはほぼ100%足を運びトークショーにも行くという[28]
  • FUNKY MONKEY BABYS(2013年解散)の「ヒーロー」のジャケット写真とミュージックビデオに起用されて以来彼らの大ファンになり、ライブコンサートにはほぼ毎回参加していた。
  • 私服に関しては、長袖がファッションポイントと話したことがある[29]
  • 尊敬する人物は番組で長年共演しているナインティナインと日テレの先輩である徳光和夫

出演[編集]

テレビ[編集]

現在[編集]

単発

過去[編集]

日本テレビ時代[編集]
フリー転向後[編集]

テレビドラマ[編集]

アニメ[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

雑誌[編集]

CD[編集]

DVD[編集]

  • ズームしか知らないファンモンのすべて〜目の前には未来が待っている〜

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 羽鳥 慎一先輩 「早稲田祭2014」公式サイト
  2. ^ [1],ОRICON STYLE,2009年12月30日
  3. ^ 日本テレビ退社迄管理職には就かず、平社員だった。
  4. ^ 羽鳥慎一インタビュー|ヒューマン|WEB GOETHE(ゲーテ)
  5. ^ 羽鳥アナ、テレ朝の顔に!中3日でチェンジ (2/2ページ)-芸能-SANSPO.COM(2011年2月23日サンケイスポーツ記事)
  6. ^ 羽鳥アナ古巣に恩返し テレ朝の朝の顔に-芸能ニュース:nikkansports.com(2011年2月23日日刊スポーツ記事)
  7. ^ 週刊実話』2011年10月13日 特大号[要高次出典]
  8. ^ 週刊文春』2011年9月8日号
  9. ^ サントリー1万人の第九
  10. ^ http://www.oricon.co.jp/news/2036016/full/ オリコン(2014年4月4日)
  11. ^ a b c d 離婚の羽鳥慎一アナ 元CAの妻はアロマテラピストとして自立」、『女性セブン』2012年5月24日号、NEWSポストセブン2012年5月10日2014年8月24日閲覧。
  12. ^ a b c 羽鳥慎一アナ 離婚 多忙ですれ違い「いがみ合ったわけではない」 スポーツニッポン 2012年5月3日閲覧
  13. ^ “羽鳥慎一アナ、脚本家・渡辺千穂との交際認める「事実でございます」”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年4月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2023954/full/ 2016年11月2日閲覧。 
  14. ^ 羽鳥アナ、脚本家の渡辺千穂さんと再婚 日刊スポーツ 2014年11月9日
  15. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「nikkan」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  16. ^ “羽鳥アナ、脚本家の渡辺千穂さんとの再婚を生報告”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年11月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2044351/full/ 2016年11月2日閲覧。 
  17. ^ “羽鳥慎一の妻・渡辺千穂さん、1月下旬に出産していた”. SANSPO.COM. (2016年4月7日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160407/mrg16040705010002-n1.html 2016年4月7日閲覧。 
  18. ^ 羽鳥アナ“夫婦対決”妻が裏で脚本担当/芸能/デイリースポーツ online - デイリースポーツ 2016年1月13日
  19. ^ NHK:新朝ドラは「べっぴんさん」 羽鳥アナの妻が脚本“夫婦対決”も - 毎日新聞 - 毎日新聞 2016年1月14日
  20. ^ http://www.news-postseven.com/archives/20140430_254189.html 週刊ポスト 2014年5月9・16日号
  21. ^ [2],goo
  22. ^ [3],デイリースポーツ,2015年2月8日
  23. ^ [4],スポーツニッポン,2016年10月2日
  24. ^ 「モーニングバード!」 2013年7月10日(水)放送内容”. 価格.com (2013年7月10日). 2015年4月18日閲覧。
  25. ^ TVでた蔵「2010年11月27日放送 メレンゲの気持ち」”. ワイヤーアクション (2010年11月27日). 2015年4月18日閲覧。
  26. ^ ワイドショー通信簿「小宮山厚労相「9割たばこやめたがってる。背中押してあげる」”. ジェイ・キャスト (2011年9月6日). 2015年4月18日閲覧。
  27. ^ ワイドショー通信簿「掠れる、出ない…声異常は命を落とす!肺炎死の8割「声帯トラブル」による誤嚥」”. ジェイ・キャスト (2013年10月21日). 2015年4月18日閲覧。
  28. ^ 【エンタがビタミン♪】「桑田さんのせいだろ!」桑田佳祐を激怒させた吉川晃司の暴言。
  29. ^ 2013年5月8日「1番ソングSHOW」”. gooテレビ (2013年5月8日). 2015年4月18日閲覧。
  30. ^ 羽鳥慎一アナ 俳優デビュー「おそらく最後 とても見られたものではない」”. スポニチ Sponichi Annex (2013年4月11日). 2013年4月11日閲覧。
  31. ^ “羽鳥慎一、『鳥人間コンテスト』アナウンサー役で映画出演 劇中でも熱い実況”. ORICON STYLE. (2016年8月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2077612/full/ 2016年8月31日閲覧。 
  32. ^ クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス”. メディア芸術データベース. 2016年10月23日閲覧。

外部リンク[編集]