岡田宗司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡田 宗司(おかだ そうじ、1902年8月12日 - 1975年7月8日)は日本政治家日本社会党参議院議員。旧制開成中学、旧制松本高校文科乙類、東京帝国大学経済学部卒。

略歴[編集]

東京帝大在学中は「東大新人会」の主要メンバーとして活躍。戦前、『労農』の同人として参加し人民戦線事件で検挙。釈放後に南洋経済研究所に入り経済関係の著述を『科学主義工業』などに寄稿していた。

戦後日本社会党結成に参加、1947年第1回参院選に全国区から出馬し初当選する。一貫して左派に属し、社会党再統一後に党参議院議員会長・党国際局長を歴任。1959年浅沼稲次郎書記長を団長とする訪中団に参加。その年の参院選で落選してしまう(ちなみに、この選挙では鮎川金次郎柏原ヤスが入れ替わりで当選する)。1962年参院選で返り咲きを果たすが、1968年参院選では自治労出身の占部秀男が党の公認を受け、無所属で立候補。帆足計らの支援を受けるものの落選し、そのまま政界を引退する。

参考文献[編集]

  • 荻上悦子著『春寂寥 旧制松本高等学校人物誌』2008年。


議会
先代:
武内五郎
日本の旗 参議院懲罰委員長
1965年 - 1967年
次代:
中村英男
先代:
楠見義男
日本の旗 参議院農林委員長
1950年 - 1951年
次代:
羽生三七