太田敏兄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

太田 敏兄(おおた びんけい、1890年明治23年)1月14日 - 1972年昭和47年)4月20日)は、日本の参議院議員明治大学教授。

経歴[編集]

岡山県出身。明治大学法学部卒業後、東京帝国大学大学院にて農学博士を取得。大原農業研究所、大原社会問題研究所にて農業問題の研究に従事する傍ら、農民運動にも参加。1923年、岡山県農民組合連合会を結成。その後日本農民組合に参加し、岡山労働学校校長に就任。1947年、社会党から第1回参議院議員通常選挙に出馬し、当選。参議院懲罰委員長などを務めた。後に労働者農民党に移る。1948年に明治農業専門学校長、1949年に明治大学農学部教授に就任。1959年、退職。

参考文献[編集]

  • 『昭和の岡山.政治と人と』山陽新聞社、1979年。


議会
先代:
鬼丸義齊
日本の旗 参議院懲罰委員長
1948年 - 1950年
次代:
岡村文四郎