辻武寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
辻武寿
つじ たけひさ
生年月日 (1918-04-03) 1918年4月3日
出生地 埼玉県
没年月日 (2012-04-30) 2012年4月30日(94歳没)
出身校 東京府立豊島師範学校
(現:東京学芸大学
現職 創価学会参与
所属政党無所属→)
(公明政治連盟→)
公明党

選挙区 全国区
当選回数 2回
在任期間 1956年7月9日 - 1968年7月7日

在任期間 1964年12月9日 - 1967年2月1日
テンプレートを表示

辻 武寿(つじ たけひさ、1918年4月3日 - 2012年4月30日)は、日本宗教家政治家小学校教員

宗教法人創価学会の前身である創価教育学会の古参会員で、戦後原島宏治小泉隆とともに「蒲田の三羽烏」と称された。創価教育学会理事、創価学会副会長、日蓮正宗法華講大講頭などを歴任し、創価学会の重鎮の一人として活動した。1971年昭和46年)の言論出版妨害事件で辞任するまでは公明党の要職も兼務し、参議院議員(2期)、公明党委員長(第2代)などを歴任した。

来歴・人物[編集]

1918年4月3日埼玉県に生まれた。東京豊島師範学校卒業後、小学校教員を務める。同じ教員仲間の小泉隆の紹介で、1940年7月30日創価教育学会(後の創価学会)に入会する。戦後は、原島宏治らと共に創価学会青年部長(初代)、指導部長、創価学会理事などを歴任する。

1956年7月8日第4回参議院議員通常選挙全国区から無所属で立候補し、北条雋八白木義一郎(大阪地方区)と伴に、初当選する。以降、連続2期当選。

1964年11月17日、公明政治連盟の議員が中心となり公明党が結成され、公明党副委員長に就任する。同年12月には、初代公明党委員長であった原島の急死に伴い、第2代公明党委員長に就任する。

1967年1月29日第31回衆議院議員総選挙で公明党が25議席を獲得した後、委員長を退任する(後任は衆議院議員で前東京都議団幹事長の竹入義勝)。

その後は再び創価学会の活動に携わり、創価学会総務室長、創価学会副会長、創価学会参議会議長、創価学会最高指導会議議員、創価学会本部参与などを歴任した。法華経唱題による徹底的な生活実践指導により全国の創価学会員を奮い立たせ、「貧乏治しの辻」「病気治しの辻」として知られ、その卓越した指導は伝説となっている[要出典]

2012年4月30日、急性心不全のため死去[1]享年94。

エピソード[編集]

著書[編集]

役職歴[編集]

公明党[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 辻武寿氏が死去 元参院議員 日本経済新聞 2012年5月5日閲覧


議会
先代:
大泉寛三
日本の旗 参議院懲罰委員長
1962年
次代:
佐多忠隆
党職
先代:
原島宏治
公明党委員長
第2代:1964年 - 1967年
次代:
竹入義勝