黒田英雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
黒田英雄

黒田 英雄(くろだ ひでお、1879年明治12年)9月2日1956年昭和31年)11月1日)は、日本の大蔵官僚政治家大蔵次官貴族院議員参議院議員

経歴[編集]

岡山県出身。岡山県会議員・黒田一道の長男として生まれる。開成中学第一高等学校を経て、1905年7月、東京帝国大学法科大学法律学科(英法)を優等で卒業し、銀時計を授与された。大蔵省に入り大蔵属として理財局参事官付となる。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。

1905年12月、税務監督局税務属兼大蔵属に就任し東京税務監督局に配属。以後、税務監督局事務官、丸亀税務監督局長、大蔵省参事官専売局主事兼大蔵省参事官、兼大蔵大臣秘書官、理財局国庫課長、大蔵省銀行局長、同主税局長などを歴任。

1927年4月、大蔵次官に就任し、1929年7月まで在任。大東京鉄道会社社長を経て、1931年12月、大蔵次官に再任された。1934年5月、帝人事件により休職となるが、1937年12月に無罪判決を受けて退官した。

1932年12月、貴族院勅選議員に任じられ、無所属倶楽部に属し1947年5月の貴族院廃止まで在任。その他、鉄道会議議員、酒販組合中央会会長などを務めた。

戦後、1947年4月、第1回参議院議員通常選挙岡山県選挙区日本自由党から出馬し当選。1953年4月の第3回参議院議員通常選挙には出馬せず引退し、参議院議員を一期務めた。その他、参議院財政及び金融委員長、参議院仮議長東洋火災海上保険社長、財団法人・開成学園園長などを歴任。

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第2106号「叙任及辞令」1919年8月12日。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。