苫米地英俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

苫米地 英俊(とまべち ひでとし、1884年(明治17年)12月1日 - 1966年(昭和41年)5月5日)は、日本の言語学者英語学)・国際法学者政治家衆議院議員参議院議員)。

小樽高等商業学校(現小樽商科大学)、札幌短期大学北海道自動車短期大学などの校長・学長を歴任。

経歴[編集]

著書[編集]

  • 『商業英語通信軌範』(瞭文堂)
  • 『国際貿易話法』(有朋堂)
  • 『英語商業文教科書』1巻・2巻(修文堂、1915年)- 商業学校の英語教育に広く資するを目的として、小樽高等商業学校講師の時代に教材となる教科書を著した。

など

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 千代女覚え帖”. 版元ドットコム. 2018年5月10日閲覧。

参考文献[編集]

  • 日外アソシエーツ(編)『政治家人名事典』(紀伊国屋書店、1990年)
  • 緑丘編集部(編)『緑丘』苫米地英俊先生記念号(小樽商科大学、1966年)
  • 札幌学院大学50年史等編集委員会『札幌学院大学50年史 資料編』(学校法人札幌学院大学、2000年)

関連項目[編集]


議会
先代:
鈴木万平
日本の旗 参議院懲罰委員長
1961年
次代:
大泉寛三
学職
先代:
伴房次郎
小樽高等商業学校→小樽経済専門学校校長
第3代:1935年 - 1946年
次代:
大野純一
先代:
-
札幌短期大学学長
初代:1950年 - 1953年
次代:
宮脇富
先代:
金巻賢字
札幌文科専門学院学院長
第2代:1948年 - 1951年
次代:
-