長谷山彰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
長谷山 彰
人物情報
生誕 1952年
秋田県秋田市
出身校 慶應義塾大学文学部
慶應義塾大学法学部法律学科卒
慶應義塾大学大学院文学研究科修士課程修了
慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学
学問
研究分野 日本法制史
研究機関 慶應義塾大学
学位 博士(法学・慶應義塾大学
修士(史学・慶應義塾大学
法学士
文学士
学会 法制史学会
木簡学会
日本古文書学会
三田史学会
主な受賞歴 慶應義塾義塾賞『日本古代の法と裁判』(2004年)
テンプレートを表示

長谷山 彰(はせやま あきら、1952年 - )は、日本の法学者法学博士。第19代慶應義塾長。慶應義塾大学教授。専攻は基礎法学日本法制史

来歴[編集]

1952年に秋田市で生まれ、仙台市で育った。1975年に慶應義塾大学法学部法律学科、1979年に同大学文学部史学科を卒業した。1984年に慶應義塾大学大学院文学研究科史学専攻博士課程単位取得満期退学となる。1987年から駿河台大学法学部専任講師、助教授を経て、1994年に教授に昇格する。1997年に慶應義塾大学文学部教授に就任した。その後、同大学の相撲部長、学生総合センター長、学生部長、大学附属研究所斯道文庫長を歴任し、2007年から文学部長、2009年に清家篤慶應義塾長のもと常任理事を務めた[1]。2017年5月28日より慶應義塾長[2]

研究[編集]

1988年に『律外科刑の基礎的研究』で法学博士(慶應義塾大学)を取得した。法制史上の制定法と慣習法の関係や日本の前近代の裁判制度を日中の制度的比較によって研究している。三田史学会、法制史学会、日本古文書学会などで活動した。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 慶應義塾(2009年5月27日)新常任理事が決まる。2010年7月25日閲覧。
  2. ^ 次期塾長に、長谷山彰常任理事が選任される:[慶應義塾]”. 2017年12月8日閲覧。

外部リンク[編集]