鈴木直義 (獣医学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 直義(すずき なおよし、1931年5月 - 2009年2月11日)は、日本獣医学者。専門は獣医生理学原虫免疫学。元帯広畜産大学学長

経歴[編集]

群馬県前橋市出身。1955年(昭和30年)帯広畜産大学畜産学部獣医学科卒業。東京大学大学院農学生命科学研究科修了。1965年(昭和40年)西独ボン大学医学部寄生虫原生虫病研究所に留学。1965年 東京大学 農学博士 「Clinical studies on serum ionic calcium in domestic animals(家畜血清透析性カルシウムに関する臨床学的研究)」。1966年(昭和41年)帯広畜産大学畜産学部講師1968年(昭和43年)同畜産学部助教授1973年(昭和48年)同畜産学部教授1990年(平成2年)同原虫病分子免疫研究センター長に就任。、1995年(平成7年)帯広畜産大学停年退官。同名誉教授酪農学園大学獣医学部教授。2002年(平成14年)酪農学園大学を退職し、帯広畜産大学学長に就任(~2007年(平成19年))。

この他、1989年(平成元年)東京大学農学部併任教授(~1992年(平成4年))や、1990年(平成2年)岐阜大学大学院連合獣医学研究科併任教授(~1995年(平成7年))も務めた。

受賞歴[編集]

主著[編集]

参考文献[編集]

『新訂 現代日本人名録2002 かな~せ』(日外アソシエーツ編集・発行、2002年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
佐々木康之
帯広畜産大学学長
第11代: 2002年 ‐ 2007年
次代:
長澤秀行