長谷部亮一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長谷部 亮一(はせべ りょういち、1924年大正13年)10月23日 - )は、日本経済学者統計学者経済学博士。元小樽商科大学学長・小樽商科大学名誉教授北海学園大学名誉教授。

来歴[1][編集]

北海道野付郡別海村オダイトウ生まれ。1941年(昭和16年)12月、根室商業学校(現北海道根室高等学校)を卒業。1944年(昭和19年)9月、小樽高等商業学校を卒業。1948年(昭和23年)3月、東京商科大学(現一橋大学商学部を卒業。1948年(昭和23年)小樽経済専門学校講師に採用、1954年(昭和29年)小樽商科大学商学部助教授。その後、立正大学経済学部教授北海道大学経済学部教授、北海道総合経済研究所長を経て、1972年(昭和47年)小樽商科大学商学部教授1980年(昭和55年)第5代小樽商科大学学長に就任。1984年(昭和59年)小樽商科大学退官。同名誉教授。北海学園大学経済学部教授。1997年平成9年)北海学園大学退職。同名誉教授。

1962年、北海道大学経済学博士。論文の題は「無償用役と国民所得」[2]

研究[編集]

経済統計学国民所得分析および経済成長論を研究。

受賞歴[編集]

2000年(平成12年)勲二等瑞宝章

著作[編集]

共著[編集]

訳書[編集]

参考文献[編集]

  • 『新訂現代日本人名録2002 3巻 そ~ひれ』(日外アソシエーツ編集・発行, 2002年)
  • 「長谷部亮一名誉教授略歴・著作目録 (長谷部亮一名誉教授記念号)」『商学討究』35(4)、pp.241-244、1985年3月

脚注[編集]

  1. ^ 歴代校長・学長紹介 第8弾!
  2. ^ 博士論文書誌データベース
先代:
伊藤森右衛門
小樽商科大学学長
第5代: 1980年1984年
次代:
藤井榮一