長谷部亮一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長谷部 亮一(はせべ りょういち、1924年(大正13年) - )は、日本経済学者統計学者経済学博士。元小樽商科大学学長・小樽商科大学名誉教授北海学園大学名誉教授。北海道野付郡別海町出身。

来歴[1][編集]

小樽高等商業学校卒業。東京商科大学(現一橋大学)卒業。1948年(昭和23年)小樽経済専門学校講師に採用、1954年(昭和29年)小樽商科大学商学部助教授立正大学経済学部教授北海道大学経済学部教授、北海道総合経済研究所長を経て、1972年(昭和47年)小樽商科大学商学部教授1980年(昭和55年)第5代小樽商科大学学長に就任。1984年(昭和59年)小樽商科大学退官。同名誉教授。北海学園大学経済学部教授。1997年平成9年)北海学園大学退職。同名誉教授。

1962年 北海道大学 経済学博士 論文の題は「無償用役と国民所得」[2]

研究[編集]

経済統計学や国民所得分析および経済成長論を研究。

受賞歴[編集]

2000年(平成12年)勲二等瑞宝章

主著[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 第5代目学長 長谷部亮一先生!
  2. ^ 博士論文書誌データベース

『新訂現代日本人名録2002 3巻 そ~ひれ』(日外アソシエーツ編集・発行, 2002年)

先代:
伊藤森右衛門
小樽商科大学学長
第5代: 1980年1984年
次代:
藤井榮一