藤井榮一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤井 榮一(ふじい えいいち、1930年(昭和5年) - )は、日本経済学者。専門は、経済学を領域とし、特に理論経済学を研究。経済学博士。元小樽商科大学学長・小樽商科大学名誉教授東京国際大学名誉教授。東京都出身。「藤井栄一」とも表記される。

1953年(昭和28年)東京商科大学(現一橋大学)卒。1958年(昭和33年)同大学院経済学研究科修了。同年、小樽商科大学商学部講師1960年(昭和35年)シカゴ大学客員研究生。1963年(昭和38年)小樽商科大学商学部助教授。その後、ウェールズ大学客員講師。1966年(昭和41年)小樽商科大学商学部教授。この後、同大学付属図書館長、同学生部長などを歴任。1984年(昭和59年)第6代小樽商科大学学長に就任。1992年(平成4年)小樽商科大学退官。同名誉教授。東京国際大学経済学部教授。2007年平成19年)東京国際大学退職。同名誉教授。

公職としては、通商産業省大規模小売店舗審議会北海道審議部会長などを務めた。

受賞歴[編集]

訳書[編集]

参考文献[編集]

『新訂現在日本人名録2002 4巻 ひろ~わ』(日外アソシエーツ編集・発行, 2002年)

先代:
長谷部亮一
小樽商科大学学長
第6代: 1984年1992年
次代:
山田家正