田所哲太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田所 哲太郎(たどころ てつたろう、1885年9月27日 - 1980年3月20日)は、日本の農学者化学者農学博士理学博士北海道大学学長を歴任した。

来歴[編集]

研究[編集]

農学化学を横断的に研究。特に栄養化学蛋白質化学・食品化学酵素化学の研究を行い、いわゆる生物化学の発展に貢献した。

エピソード[編集]

  • 北海道大学理学部と北海道学芸大学の創立に関与し、大学行政にも貢献した。
  • 実業家の山下太郎と親交があった。

受賞歴[編集]

北海道開発功労賞・北海道功労賞(1973年)

主著[編集]

  • 『酵素化學』(丸善
  • 『食品化學』(丸善)
  • 『榮養化學』(丸善)
  • 『主食イモの化學と其利用』(地球出版
  • 『現代科学と技術教育』(風間書房
  • 『酪農製品:読本』(春秋社
  • 『酪農化学シリーズ全10巻』(明文堂

など多数ある

先代:
-
北海道学芸大学学長
初代: 1949年 - 1957年
次代:
武田一郎
先代:
小華和忠士
帯広畜産大学学長
第3代: 1958年 - 1962年
次代:
山極三郎
先代:
-
北海道女子短期大学学長
初代: 1963年 - 1975年
次代:
梶浦善次
先代:
-
北海道女子短期大学名誉学長
初代: 1975年 - 1980年
次代:
梶浦善次

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース