松本秋男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松本 秋男(まつもと あきお、1908年(明治41年)10月13日 - 1992年(平成4年)1月2日[1])は、日本工学者・元官僚工学博士北海道大学名誉教授、元北見工業大学学長、元電気通信学会副会長。北海道札幌市出身。

略歴[編集]

1931年(昭和6年)北海道帝国大学工学部を卒業し、逓信省入省。国際電気通信(現KDDI)技術研究所長などを経て、1947年(昭和22年)北海道大学工学部教授1959年(昭和34年)電気通信学会副会長[2]1970年(昭和45年)北海道大学停年退官。同名誉教授。1970年(昭和45年)北見工業大学理事・北見工業大学2代学長に就任。1978年北見工業大学退官。

研究領域[編集]

電気工学を専門とし、伝達回路網学を研究。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『電気通信測定法』(コロナ社, 1939年)
  • 篠原登と共著『有線通信概要』(コロナ社, 1941年)
  • 『電気通信伝送論』(上巻 , 下巻, 東海書房, 1947年)

脚注[編集]

  1. ^ 『現代物故者事典1991~1993』(日外アソシエーツ、1994年)p.559
  2. ^ 歴代副会長一覧電子情報通信学会

参考文献[編集]

先代:
佐山総平
北見工業大学学長
第2代: 1970年 ‐ 1978年
次代:
小池東一郎