常本秀幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

常本 秀幸(つねもと ひでゆき、1941年(昭和16年)11月18日[1] - )は、日本工学者、元地方公務員実業家工学博士北海道大学)。元北見工業大学学長。北見工業大学名誉教授信州大学教授。専門は、機械工学

略歴[編集]

北海道旭川市出身。1964年(昭和39年)北海道大学工学部を卒業し、いすゞ自動車に入社。1975年(昭和50年)いすゞ自動車退職1974年(昭和49年)北見工業大学工学部助教授1983年(昭和58年)北見工業大学工学部教授。同学生部長。同保健管理センター所長。同副学長を経て、2002年(平成14年)北見工業大学7代学長に就任。2008年(平成20年)北見工業大学退官。信州大学工学部教授。信州大学監事に就任。

受賞歴[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.418

参考文献[編集]

先代:
厚谷郁夫
北見工業大学学長
第7代: 2002年 ‐ 2008年
次代:
鮎田耕一