小林篤一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 篤一(こばやし とくいち、1890年明治23年)11月[1] - 1972年昭和47年)11月23日[1])は、大正・昭和期の産業組合活動家、政治家参議院議員ホクレン農業協同組合連合会の創立者とされる[2]

経歴[編集]

兵庫県城崎郡、のちの日高町(現豊岡市)で生まれる[2]。8歳で北海道に移住し、現在の岩見沢市[3][注 1]峰延町で農業を営む[2]。1914年(大正3年)峰延産業組合(現峰延農業協同組合)を設立し理事に就任し、組合長を30年務めた[1][2]。1919年(大正8年)北海道信用購買販賣組合聯合會(北聯、現ホクレン農業協同組合連合会)を設立し理事[注 2]に就任[1][3]。1936年(昭和11年)北聯会長に就任[2]。北海道食糧営団理事長、同農業会長、同青果物配給公社社長、北海道販売農協連会長、道購買農協連合会会長、道農協中央会会長、全販連理事、全購連理事などを歴任[1]。1954年(昭和29年)北聯会長に再任され、農産物加工事業の拡充を行った[2]

1962年(昭和37年)7月、第6回参議院議員通常選挙北海道地方区から出馬して当選[1][2][4]第2次佐藤内閣北海道開発政務次官、北海道開発審議会委員などを務めた[1][2]。1968年(昭和43年)7月、第8回通常選挙に出馬せず引退した[5]

その後、北海道共同募金会会長、日本ビート糖業協会顧問、北紡社長、北海道報徳社社長などを務めた[1][2]

受賞[編集]

  • 北海道新聞文化賞[2]
  • 北海道開発功労賞[2]

伝記[編集]

  • 佐々木治夫『小林篤一伝:系統運動の先駆者』北海道協同組合通信社、1973年。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『北海道歴史人物事典』148頁では美唄市
  2. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参院議員名鑑』307頁では会長。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『議会制度百年史 - 貴族院・参院議員名鑑』307頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『北海道歴史人物事典』148頁。
  3. ^ a b 外部リンク「JAみねのぶホームページ JAみねのぶの歴史」
  4. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』407頁。
  5. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』408頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『北海道歴史人物事典』北海道新聞社、1993年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。

外部リンク[編集]