池田隆一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 隆一(いけだ りゅういち、1944年11月1日 - )は、日本政治家。小樽市議会議員を1期、衆議院議員を1期務めたのち、北海道議会議員3期。

略歴[編集]

北海道小樽市に生まれる。北海道小樽桜陽高等学校北海道教育大学札幌校を卒業後、小中学校で教師を24年間務めた。

1991年統一地方選挙で小樽市議会議員選挙に立候補して当選。1993年小林恒人衆議院議員の引退に伴い日本社会党公認で第40回衆議院議員総選挙北海道教職員組合組織内候補として北海道第1区から立候補し、当時北海道知事だった横路孝弘からも全面的な支援を受けて初当選(同区で社会党現職伊東秀子公明党新人長内順一日本新党公認新党さきがけ推薦の新人荒井聰も横路の支援を受け当選)。日本民主教育政治連盟に所属。

1996年社民党を離党して旧民主党結党に参加し、第41回衆議院議員総選挙において北海道第4区から立候補したが、自由民主党佐藤静雄に敗れて落選した。2000年民主党公認で第42回衆議院議員総選挙において再度北海道第4区から立候補したが再び佐藤に敗れ落選。

2003年4月の統一地方選挙北海道議会議員選挙に民主党公認で小樽市選挙区から立候補し当選、同年11月の第43回衆議院議員総選挙では4区では鉢呂吉雄を支援し、鉢呂は佐藤を破った。2007年2011年の選挙でも道議として再選。2015年道議選に出馬せず政界引退。

参考文献[編集]

  • 日外アソシエーツ編『現代政治家人名事典』(紀伊国屋書店、1999年)

外部リンク[編集]