大泉寛三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大泉寛三
おおいずみ かんぞう
生年月日 1894年9月
没年月日 1981年2月4日
所属政党民主自由党→)
自由党→)
自由民主党

日本の旗 衆議院議員
選挙区 埼玉1区
当選回数 1回
在任期間 1963年11月22日 - 1966年12月27日

日本の旗 参議院議員
選挙区 埼玉県選挙区
当選回数 1回
在任期間 1960年 - 1962年

日本の旗 衆議院議員
選挙区 埼玉1区
当選回数 2回
在任期間 1949年1月23日 - 1953年3月14日
テンプレートを表示

大泉 寛三(おおいずみ かんぞう、1894年9月-1981年2月4日)は、日本政治家衆議院議員(3期)。参議院議員(1期)。

経歴[編集]

1917年、大泉工場(機械鉄鋼場)を創業。

1921年、政友会入党。

1947年、埼玉県川口市長(第5代・公選制としては初代)。

1949年の第24回衆議院議員総選挙埼玉1区民主自由党から立候補し、初当選。

1953年の第26回衆議院議員総選挙で、落選。

1960年、大沢雄一第29回衆議院議員総選挙立候補に伴う第4回参議院議員通常選挙埼玉県選挙区補欠選挙に立候補し、日本社会党瀬谷英行を破り、初当選[1]。1962年の第6回参議院議員通常選挙で、瀬谷に敗れ落選。

1963年の第30回衆議院議員総選挙当選。

1964年、第3次池田改造内閣第1次佐藤内閣北海道開発政務次官を務める。

1967年の第31回衆議院議員総選挙落選。

1981年、死去。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 戦後の補欠選挙 Archived 2006年12月10日, at the Wayback Machine.


議会
先代:
苫米地英俊
日本の旗 参議院懲罰委員長
1961年-1962年
次代:
辻武寿