森勝治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

森 勝治(もり かつじ、1915年大正4年)10月11日[1] - 2000年平成12年)8月1日[1])は、日本の労働運動家、政治家参議院議員

経歴[編集]

栃木県で生まれる[1]1937年、帝京商業学校(後の帝京大学中学校・高等学校)を卒業した[1][2]

郵便局に勤務しながら文学の道への志を持ち、1945年朝日新聞懸賞ホームソングに「朝はどこから」を応募して当選した[1][2]。その後、労働運動に加わり、全電通埼玉地区本部執行委員長、埼玉県労働組合評議会議長、埼玉県議会議員日本社会党埼玉県本部国民運動委員長、同政策審議会長、同埼玉県議会議員団長などを務めた[1][2]

1965年7月、第7回参議院議員通常選挙埼玉地方区から出馬して当選[1][2]第9回通常選挙で再選され、参議院議員を連続二期務めた[2]。この間、日本社会党国対役員、同埼玉県本部執行委員長、埼玉県労働組合評議会顧問、全電通顧問、国際電電労働組合顧問、参議院逓信委員長などを務めた[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『現代物故者事典 2000~2002』617頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』425-426頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『現代物故者事典 2000~2002』日外アソシエーツ、2003年。