金丸冨夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金丸 冨夫(かなまる とみお、1896年2月24日[1] - 1994年4月16日[1])は、日本の鉄道官僚政治家参議院議員(2期)。日本通運社長。

経歴[編集]

大分県出身。1924年京都帝国大学法学部を卒業[1][2]。同年鉄道省に入り[2]札幌鉄道管理局総務部長などを務め、1940年退官[1]。同年、日本通運に入り[1]、事業部長、門司支社長などを歴任し[3]1955年、社長に就任する[1]1959年第5回参議院議員通常選挙において全国区から無所属で出馬して初当選。後に自由民主党に入る。翌1960年には日通会長に就任した。国会内では逓信、運輸、商工の各委員長を務め、第一次佐藤内閣で通商産業政務次官を務めた[3]1971年に引退。1994年死去。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ株式会社、2003年、169頁。
  2. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』283頁。
  3. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』284頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。