勝又武一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

勝又 武一(かつまた ぶいち、1924年6月9日 - 2014年1月8日)は、日本政治家。本名は、勝又 武一(かつまた たけいち)。元日本社会党参議院議員(1期)。静岡県富士市出身。横浜市立経済専門学校(現・横浜市立大学)卒業。

来歴・人物[編集]

大学卒業後、民間会社勤務を経て、学校教諭となり、静岡県教組委員長などを歴任。1977年、参議院静岡選挙区から日本社会党公認で出馬し初当選。参議院逓信委員長などを務めたが、1983年に、体調不良のため1期で政界引退。

2014年1月8日、肺炎のため死去[1]。89歳没。

脚注[編集]