栗原俊夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

栗原 俊夫(くりはら としお、1909年5月8日 - 1989年1月30日)は、日本の政治家衆議院議員参議院議員群馬県多野郡小野村(現・藤岡市)生まれ。妻は1932年ロサンゼルスオリンピック陸上競技・80メートルハードルで出場した中西みち

経歴[編集]

  • 1932年 京都帝国大学(現京都大学)法学部を卒業
  • 小野村長、群馬県議会議員(2期)を歴任
  • 1955年 衆議院議員選挙に日本社会党から立候補。当選を果たす。以後4期務める。
  • 1974年 参議院議員選挙に出馬。辛くも当選。1期務め、参議院逓信委員長として活躍。
  • ほかに、産業振興審議会委員・日本社会党中央執行委員・全日農中央常任委員・全国日中友好協会副会長などを歴任した
  • 勲二等旭日重光章を受章

関連項目[編集]

  • 山口鶴男 - 同じ選挙区で社会党から立候補。栗原が左派を代表していたのに対し山口が右派を代表していた。