最上進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

最上 進(もがみ すすむ、1941年7月23日 - 2015年4月15日[1])は、日本政治家参議院議員(2期12年)。法務省政務次官参議院外務委員会委員長などを歴任。元群馬県議会議員佐藤國雄は実弟。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1941年7月23日 父・佐藤勇(群馬県高崎中学校 - 弘前高等学校 - 京都大学 - 運輸省 - 月島倉庫株式会社副社長)と母・俊子(元参議院議員最上英子の実妹)の長男として誕生。

東京都立小山台高等学校卒業後、慶應義塾大学法学部政治学科へ進学。卒業後、同大学院へ進み、在学中より伯母・最上英子(実母・俊子の姉)参議院議員の第一秘書を務める。

1963年 最上政三(元立憲民政党所属代議士)・最上英子夫妻の養子となる。

政治活動[編集]

脚注[編集]

議会
先代:
平井卓志
日本の旗 参議院外務委員長
1985年 - 1986年
次代:
宮澤弘