大木正吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大木 正吾(おおき しょうご、1922年3月26日 - 2004年3月17日)は、日本政治家日本社会党衆議院議員(2期)。参議院議員(2期)

来歴[編集]

千葉県山武郡松尾町(現・山武市)出身[1]1937年東京浅草寿町郵便局勤務[1][2]。その後、日本大学法律科に入るが、1943年に中退[1][2]1948年全逓信従業員組合中央執行委員[1]1950年電電公社関東電気通信局に移り[1]1953年全電通書記長になる[1][2]1958年委員長に就任[1][2]1962年総評幹事[1][2]1970年から6年間事務局長を務めた[1][2]1977年の参院選で社会党から全国区に立候補して当選。2期務めた。1989年に参議院議員を引退。翌1990年の総選挙で郷里の旧千葉3区から立候補して衆議院初当選。2期務めた[1]1996年の総選挙に出馬せず引退。1997年勲二等旭日重光章を受章した[1]。2004年3月17日死去。享年71。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』547頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』124頁。

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』日外アソシエーツ、2005年。