茜ケ久保重光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

茜ケ久保 重光(あかねがくぼ しげみつ、1905年8月31日 - 1993年3月5日)は、日本の政治家日本社会党衆議院議員(3期)、参議院議員(2期)。

孫に都議会議員茜ケ久保嘉代子がいる。

経歴[編集]

宮崎県出身。1937年早稲田大学政経学部卒。卒業後は群馬県水上町にあった阿能川鉱山に入り、所長になる。戦後日本社会党に入り、妙義基地反対闘争委員長を経て、1952年第25回衆議院議員総選挙群馬1区で左派社会党から立候補したが落選。次の1955年の選挙で初当選。通算3期務める。1971年第9回参議院議員通常選挙群馬地方区から立候補して当選。2期務めた。国会内では参議院逓信、決算の各委員長を歴任。党内では群馬県連書記長、党中央委員を務めた。1983年に引退。1993年死去。

参考文献[編集]