石井繁丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石井繁丸(いしい しげまる、1904年1月1日 - 1983年10月8日)は、日本政治家弁護士軍人(陸軍曹長)。元前橋市立工業短期大学学長。元衆議院議員、前橋市長。群馬県勢多郡出身。日本大学卒業。日本社会党に所属した。勲二等瑞宝章に叙せられた。

人物[編集]

市議会議員などを経て、1947年の衆議院議員選挙に立候補し当選(旧群馬1区)。通算3期務めた。その後、1958年に前橋市長に就任。以後連続5期当選を果たし、前橋市名誉市民に選出された。ほかに、日農中央委員、日本社会党群馬県連会長、群馬県労働委員、弾劾裁判所裁判員、日本社会党中央執行委員などを歴任した。

関連項目[編集]


先代:
関口志行
前橋市
第13代:1958年 - 1978年
次代:
藤井精一