藤井精一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤井 精一(ふじい せいいち、1914年4月28日 - 1988年1月11日)は、日本の政治家前橋市長を務めた。

略歴[編集]

  • 新潟県小千谷市出身。新潟県立小千谷中学校卒業。
  • 前橋市助役などを歴任。
  • 1978年、前橋市長選挙に出馬。初当選
  • 1982年、前橋市長選挙に出馬。当選(2期目)
  • 1986年、前橋市長選挙に出馬。当選(3期目)
  • 1988年、前橋市長を退く
  • 全国市長会財政分科会委員を務めた
  • 前橋市長在職中の1979年、かねてから危険性が指摘されてきたインフルエンザワクチンの集団接種中止の決断を下した。当時はこの決断は無駄な危険から子供たちの命を守ったと考えられ、全国でこれに習う施策が行われたが、現在の医学では非科学的な決断とされ、その後のインフルエンザ蔓延と死亡に悪影響を及ぼしたとされている[要出典]

主な論文[編集]

  • 「群馬文化」201号(1985)石川薫顧問追悼号
  • 「群馬文化」210号(1987)山田武麿先生追悼号

関連項目[編集]


先代:
石井繁丸
前橋市
第14代:1978年 - 1988年
次代:
藤嶋清多