羽生田進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

羽生田 進(はにゅうだ すすむ、1910年10月19日 - 1999年7月27日)は日本政治家眼科医勲二等瑞宝章陸軍軍医少尉

経歴[編集]

群馬県前橋市出身。慶應義塾大学医学部卒業。慶應義塾大学病院を経て、羽生田眼科医院二代目院長となる。前橋市医師会会長、群馬県医師会会長、群馬県対がん協会会長、群馬県学校保健協会会長などを歴任。1969年藍綬褒章受章。

1972年第33回衆議院議員総選挙にて、旧群馬1区から衆議院議員に初当選。以後連続2期当選。1978年大平正芳内閣科学技術政務次官を務めた。他に自由民主党群馬県支部連合会副会長などを務めた。

家系[編集]

外部リンク[編集]