和田静夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

和田 静夫(わだ しずお、1926年大正15年)10月1日[1] - )は、日本労働運動家、政治家。元日本社会党参議院議員衆議院議員石川県金沢市[1]生まれ。

経歴[編集]

1987年東京都知事選ポスター

金沢一中専修大学法学部を経て、1957年(昭和32年)同大大学院法学研究科私法学専攻を修了[1][2]東京都庁に入り新宿区役所に勤務[2]全日本自治団体労働組合組織部長などを経て[1]1968年(昭和43年)7月の第8回参議院議員通常選挙日本社会党から全国区に出馬し初当選[3](以後10回・12回と連続3選[4][5])。1970年(昭和45年)11月には参議院決算委員会で、自民党産経新聞の癒着について質している[6]

1986年(昭和61年)6月に参議院議員を辞職し[1]、同年7月、衆参同日選挙となった第38回衆議院議員総選挙東京1区から出馬、鞍替えを目指すが次点で落選[7]1987年(昭和62年)東京都知事選挙に社会党推薦で出馬するも現職の鈴木俊一知事に敗れる。

1990年(平成2年)2月、第39回総選挙埼玉1区(定数3)から出馬し国政に復帰[8]1993年(平成5年)1月、山花貞夫の下で党中央執行副委員長に就任するも6月の宮沢内閣不信任決議案可決後に実施された第40回総選挙で落選[9]。その後、社会党を離れ、新社会党顧問に就任。

1996年(平成8年)第41回総選挙比例東海ブロックに新社会党から立候補し落選[10]2001年(平成13年)自由連合に鞍替えして常任顧問となり「女性的平和国家の設立」を掲げ第19回参議院議員通常選挙(比例区)に立候補するも落選する[11]。2006年(平成18年)10月まで、特定非営利活動法人「全国福祉情報推進協議会」代表理事を務める。

2007年(平成19年)2月同和問題北方領土竹島関係の本を高額で企業などに売りつけたとして、広島市中区の書籍販売会社「トラストジャパン」の李一雄代表らが広島県警公安課などに恐喝容疑で再逮捕された事件があり、同課などの調べで社員が販売時に名乗っていた二つの政治団体代表を和田が務め、和田の銀行口座には同社などから定期的に入金があったと報じられた[12]。和田自身は「代表は名前を貸しただけ。李容疑者が政治団体の名前を使って書籍を売りつけ、恐喝などをしていたとは知らず、政治団体側から私の関与する口座への入金もない」などと関与を強く否定している[12]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』681頁。
  2. ^ a b 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』717頁。
  3. ^ 『国政選挙総覧:1947-2016』551頁。
  4. ^ 『国政選挙総覧:1947-2016』552、555頁。
  5. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』447頁。
  6. ^ 参議院決算委員会、昭和45年11月4日付け議事録。時の幹事長田中角栄が、「取扱注意・親展」扱いの通達で、党所属衆議院議員全員に産経を宅配購読するよう指示していたというもの。
  7. ^ 『国政選挙総覧:1947-2016』148頁。
  8. ^ 『国政選挙総覧:1947-2016』84頁。
  9. ^ 『国政選挙総覧:1947-2016』85頁。
  10. ^ 『国政選挙総覧:1947-2016』235頁。
  11. ^ 『国政選挙総覧:1947-2016』575頁。
  12. ^ a b 〈恐喝容疑団体〉元議員が代表と判明 広島県警が捜索:2007年2月19日毎日新聞

参考文献[編集]

  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『国政選挙総覧:1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。


議会
先代
野田哲
日本の旗 参議院決算委員長
1981年 - 1982年
次代
竹田四郎
先代
上田哲
日本の旗 参議院社会労働委員長
1978年
次代
対馬孝且
先代
中村英男
日本の旗 参議院災害対策特別委員長 次代
工藤良平