高木正夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高木正夫
たかぎ まさお
生年月日 1890年1月10日
出生地 日本の旗 日本 和歌山県和歌山市
没年月日 (1973-01-26) 1973年1月26日(83歳没)
出身校 京都帝国大学経済学部
(現・京都大学経済学部
前職 日本通運常務取締役
現職 豊国自動車社長
所属政党無所属→)
緑風会

選挙区 全国区
当選回数 1回
在任期間 1950年6月4日 - 1956年6月3日
テンプレートを表示

高木 正夫(たかぎ まさお、1890年明治23年)1月10日[1] - 1973年昭和48年)1月26日[2][3][4])は、大正から昭和期の鉄道官僚政治家参議院議員

経歴[編集]

和歌山県[2][3]和歌山市出身[4]広島高等師範学校を経て[5]、1922年(大正11年)京都帝国大学経済学部を卒業[2][3][4][5]。同年鉄道省に入省し[2][3][4]大臣官房書記に任じられ[5]、1923年(大正12年)12月、高等試験行政科試験に合格した[5]

以後、大阪鉄道局大阪運輸事務所長、門司鉄道局運輸部長、鉄道省陸運監理官、東京鉄道局事業部長などを歴任[2][3][4][5]。その間、学習院助教授を務めた[3]。1938年(昭和13年)4月に退官して日本通運理事に就任し、大阪支店長、常務取締役などを務めた[4]

1950年(昭和25年)6月の第2回参議院議員通常選挙全国区から無所属で出馬して当選し[3][4][6]緑風会に所属して参議院議員に1期在任した[2][3]。この間、参議院運輸委員長などを務めた[3]。その後、第4回通常選挙に立候補したが落選した[7]

また、豊国自動車社長に就任した[3][4]

著書[編集]

  • 『郷土主義・労作主義学級経営の実際』森兵林館、1932年。NDLJP:1090759 

脚注[編集]

  1. ^ 『大衆人事録 第19版 東京篇』486頁。
  2. ^ a b c d e f 『新訂 政治家人名事典』344頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』345頁。
  4. ^ a b c d e f g h 『和歌山県史 人物』270頁。
  5. ^ a b c d e 『日本官僚制総合事典1868-2000 第2版』241頁。
  6. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』540頁。
  7. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』546頁。

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第19版 東京篇』帝国秘密探偵社、1956年。
  • 和歌山県史編さん委員会編『和歌山県史 人物』和歌山県、1989年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典1868-2000 第2版』東京大学出版会、2007年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。


議会
先代:
前田穰
日本の旗 参議院運輸委員長 次代:
加藤シヅエ