片柳真吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

片柳 真吉(かたやなぎ しんきち、1905年3月25日 - 1988年6月8日)は、日本農林官僚政治家農林事務次官を務め、退官後は参議院議員(1期)、農林中央金庫理事長などを歴任。

人物[編集]

東京府出身。1928年東京帝国大学法学部を卒業し、農林省に入省した。貿易庁輸入局長、食糧管理局長官を務めたのちに、1948年農林次官に就任[1]

1950年に農林省を退官し、同年に実施された第2回参議院議員通常選挙緑風会所属として立候補し、当選。1956年第4回参議院議員通常選挙で落選し議席を失ってからは、全国漁業協同組合長、農林中央金庫理事長[2]といった職を歴任した。

略歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
議会
先代:
山崎恒
日本の旗 参議院農林委員長 次代:
森八三一