上野博史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上野 博史(うえの ひろふみ、1938年5月15日 - )は、日本農林官僚食糧庁長官、農林水産事務次官を歴任し、退官後は農林中央金庫理事長を務めた。

人物[編集]

鹿児島県生まれ[1]東京大学法学部を卒業後し、1962年農林省へ入省。同省において、1988年経済局国際部長、1990年大臣官房総務審議官、1991年農蚕園芸局長、1992年農林水産大臣官房長、1994年食糧庁長官といった要職を務めたのち、1995年に農林水産事務次官に就任した[2]。退官後は、1998年から農林漁業信用基金理事長を務めたのちに、2000年角道謙一(元農水事務次官)の後任として農林中央金庫理事長に就任した[1]。しかし、リーマン・ショックの影響を受けて2008年には農林中金の業績は悪化し、1兆9000億円もの資本増強を実行することとなった。上野はこの業績不振の責任を取るかたちで2009年に理事長を退任した[3]2018年春の叙勲で、瑞宝重光章を受章[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]