小林芳雄 (農林水産官僚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 芳雄(こばやし よしお 1949年 -)は、日本の農林水産官僚長野県出身[1][2][3]

人物[編集]

1949年長野県に生まれ、農家に育つ[4]。1973年農林省入省。同期の須賀田菊仁とエースと呼ばれ、次官候補であった[5]。各課の課長補佐を経て、1990年農蚕園芸局種苗課長。1997年に官房三課長の予算課長となる。2001年に生産局長となり水産庁長官から2006年、1970年入省の石原葵から3年スライドして事務次官となるが、2007年不祥事の影響もあり辞職する。

略歴[編集]

  • 東京大学法学部卒業
  • 1973年(昭和48年)4月:農林省入省
  • 構造改善局農政部管理課課長補佐(企画班担当)
  • 大臣官房予算課課長補佐(予算編成班担当)
  • 農林水産大臣秘書官事務取扱
  • 農林水産省食品流通局企業振興課外食産業室長
  • 1990年(平成2年)7月:農林水産省農蚕園芸局種苗課長
  • 1991年:農林水産省経済局農業協同組合課長
  • 食糧庁管理部企画課長
  • 食糧庁総務部企画課長
  • 1996年(平成8年):水産庁漁政部漁政課長
  • 1997年(平成9年):農林水産省大臣官房予算課長
  • 1999年:水産庁漁政部長
  • 2001年(平成13年):農林水産省生産局長
  • 農林水産省大臣官房総括審議官
  • 2003年:農林水産省大臣官房長
  • 2005年(平成17年)7月:水産庁長官
  • 2006年(平成18年)8月:農林水産事務次官
  • 2007年(平成19年)9月:辞職
  • 株式会社農林中金総合研究所顧問
  • 2015年(平成27年)7月:一般財団法人大日本蚕糸会会頭[6]

その他[編集]

  • 同期には須賀田菊仁(生産局長、経営局長。病気により死去)、篠原孝、関川和孝(食糧庁総務部長、東北大法卒)、林正徳(統計情報部長、横国大経卒)らがいる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 人事速報/JACOM”. www.jacom.or.jp. 2019年10月6日閲覧。
  2. ^ 水産タイムス 冷食タイムス ~この人に聞きたい~”. www.suisantimes.co.jp. 2019年10月6日閲覧。
  3. ^ 「農林水産省名鑑」 農林出版社 1994年
  4. ^ 日本農業経営大学校” (日本語). 日本農業経営大学校 Japan Institute of Agricultural Management. 2019年10月7日閲覧。
  5. ^ 次官候補不在の農水省” (日本語). FACTA ONLINE. 2019年10月7日閲覧。
  6. ^ 新会頭に小林芳雄氏 大日本蚕糸会 高木氏は顧問へ 上毛新聞更新日時:2015年7月7日(火) AM 06:0


先代:
川村秀三郎
農林水産省総括審議官
2002年 - 2003年
次代:
松本有幸
先代:
田原文夫
農林水産省大臣官房長
2003年 - 2005年
次代:
白須敏朗
先代:
田原文夫
水産庁長官
2005年 - 2006年
次代:
白須敏朗
先代:
高木賢
大日本蚕糸会会頭
2015年 -
次代: