小倉武一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小倉 武一
(おぐら たけかず)
生誕 1910年10月2日
死没 (2002-02-14) 2002年2月14日(91歳没)
テンプレートを表示

小倉 武一(おぐら たけかず、1910年(明治43年)10月2日 - 2002年(平成14年)2月14日)は、日本の昭和時代の農林官僚経済学者。元国際交流基金理事長で外交官小倉和夫は息子。

農林事務次官政府税制調査会会長などを歴任した。特に、政府税制調査会会長は16年間を務め,「ミスター税調」と呼ばれた。旧姓は大井。著作に『土地立法の史的考察』など。

略歴[編集]

略歴は以下の通り。[1]

  • 1910年10月2日 - 福井県南条郡武生町で出生
  • 1928年 - 第三高等学校入学
  • 1934年 - 東京帝国大学法学部卒業,農林省入省(経済更生部産業組合課)
  • 1935年 - 青森営林局
  • 1936年 - 農林省馬政局
  • 1938年 - 歩兵第19連隊補充隊臨時召集(福井県敦賀―中国山西省離石)
  • 1941年 - 仏領印度支那郡派遣特命全権大使随員(ハノイ)
  • 1943年 - 農林省総務局企業課長,装備課長,価格金融課長
  • 1945年 - 大蔵省物価部第三課長
  • 1946年 - 農林省農政局農政課長,農地改革法案主査
  • 1947年 - 東京大学農学部講師(1961年まで)
  • 1949年 - 経済局統計調査部長,農業総合研究所
  • 1950年 - 大臣官房企画室長,農業改良局長
  • 1952年 - 農政局長=農林経済局長
  • 1954年 - 農業改良局長
  • 1955年 - 農地局長
  • 1956年 - 食糧庁長官
  • 1958年 - 農林水産技術会議事務局長
  • 1959年 - 農林漁業基本問題調査会事務局長
  • 1960年 - 農業基本法案起草委員長,農林事務次官
  • 1961年 - 退官
  • 1962年 - 農業機械化研究所理事長,日本農業法学会会長,政府税制調査会委員(1971年まで)
  • 1963年 - 農林水産技術会議会長
  • 1964年 - アジア経済研究所理事
  • 1965年 - 農業構造問題研究会(農政研究センターの前身)会長
  • 1967年 - 農政研究センター会長,アジア経済研究所所長
  • 1969年 - 農政審議会会長,米価審議会会長(1974年まで)
  • 1972年 - アジア経済研究所会長(1975年まで)
  • 1973年 - 農山漁家生活改善研究会会長
  • 1974年 - 国際食糧農業協会会長,政府税制調査会会長(1990年まで)
  • 1975年 - 日本銀行政策委員会委員(1983年まで)
  • 1989年 - 勲一等旭日大綬章
  • 2002年2月14日 - 91歳で死去

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小倉武一先生略歴”.  . 2011年2月3日閲覧。