京谷昭夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

京谷 昭夫(きょうや あきお、1936年1月6日 - 1996年5月6日)は、日本農水官僚水産庁長官、食糧庁長官、農林水産事務次官日本中央競馬会理事長。

来歴・人物[編集]

青森県八戸市生まれ。八戸市立第二中学校、青森県立八戸高等学校東京大学法学部を経て1958年に農林省入省。三重県農政課長、農林水産省畜産局長、水産庁長官、食糧庁長官などを経て1992年事務次官に就任。退官後、1995年日本中央競馬会理事長に就任。在任中には日本中央競馬会としてはじめての女性ジョッキーを誕生させるなどの功績を残した。また、スーパーオトメが厩舎から逃げ出して首都高速道路を走った問題などの収拾に追われた。中央競馬アラブ競走廃止などの大問題にも決着をつけた。だが在任中の1996年に入院、同年5月6日呼吸不全のため逝去。享年60。

1980年代の牛肉輸入自由化交渉を担当。タフネゴシエーターぶりを発揮し、「ダース・ベイダー」の異名をとった[1]。また、コメの輸入自由化問題でも日本側の中心的存在だった。

主な著書・論文[編集]

  • 「わが国捕鯨の進路」(「勇魚」1990年第2号)
  • 「業界再編整備し、経営基盤の強化を」 (「水産界」1990年1月)

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ キヤノングローバル戦略研究所