亀長友義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

亀長 友義(かめなが ともよし、1920年9月26日 - 2011年1月17日)は、日本の農林官僚政治家参議院議員(2期)、元全国農業共済会長[1]

略歴[編集]

徳島県三好市池田町生まれ[2]徳島県立池田中学校卒業。第六高等学校在学中は江尻宏一郎(元三井物産社長)と柔道部に所属した。

東京帝国大学法学部卒業後、1943年農林省入省[2]食糧庁総務部企画課長[3]、水産庁生産部長[4]、食糧庁長官を経て、1972年農林省事務次官に就任。退官後は大日本水産会長に就任[2]

1977年の第11回参議院議員通常選挙徳島県選挙区自由民主党から出馬し、初当選。2期務める。

1989年の第15回参議院議員通常選挙連合の乾晴美にやぶれ落選。

1990年、勲二等旭日重光章を受章。2006年、大日本水産会水産功績者表彰を受ける[5]

2011年、老衰のため死去[6]。町田勝弘農林水産省事務次官が、弔辞を読んだ。

その他[編集]

関連項目[編集]

  • 三善信二-農林省事務次官出身の元参議院議員。

脚注[編集]

[ヘルプ]


議会
先代:
大島友治
日本の旗 参議院内閣委員長
1985年 - 1986年
次代:
岩本政光
先代:
後藤正夫
日本の旗 参議院地方行政委員長
1980年 - 1981年
次代:
上條勝久