下村定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
下村 定
しもむら さだむ
Shimomura Sadamu.jpg
昭和18年制の軍服を着用した下村
生年月日 1887年9月23日
出生地 日本の旗 日本 高知県
没年月日 (1968-03-25) 1968年3月25日(満80歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京都文京区
出身校 陸軍大学校卒業
前職 北支那方面軍司令官
所属政党 自由民主党
称号 陸軍大将

選挙区 全国区
当選回数 1回
在任期間 1959年6月2日 - 1965年6月1日

日本の旗 第56-57代 陸軍大臣
内閣 東久邇宮内閣
幣原内閣
在任期間 1945年8月23日 - 1945年12月1日
テンプレートを表示

下村 定(しもむら さだむ、1887年(明治20年)9月23日 - 1968年(昭和43年)3月25日)は、日本陸軍軍人政治家。最終階級陸軍大将

陸軍大臣(第5657代)、教育総監(第27代)、参議院議員(1期)などを歴任した。

経歴[編集]

高知県出身。陸軍士官学校第20期を卒業し(同期に朝香宮鳩彦王東久邇宮稔彦王北白川宮成久王吉本貞一木村兵太郎牛島満酒井隆飯田祥二郎など)、砲兵将校となる。

陸軍大学校第28期を首席で卒業(同期に板垣征四郎牛島満木村兵太郎田中静壱山下奉文吉本貞一酒井隆原田熊吉村上啓作など)。

第二次世界大戦終戦後、陸士時代の同期・東久邇宮稔彦王が首相を務める内閣で陸軍大臣を務め、続く幣原喜重郎内閣でも留任し、日本陸軍(帝国陸軍)で最後の陸軍大臣となった。終戦時下村は満州におり、下村の帰国まで東久邇陸軍大将宮が陸軍大臣を兼務している。

第5回参議院議員通常選挙全国区から自由民主党公認で出馬、当選し参議院議員を1期務めた。その後、第7回参議院議員通常選挙全国区にも出馬したが落選した。

年譜[編集]

1955年

栄典[編集]

帝国議会答弁[編集]

1945年11月28日の帝国議会衆議院本会議において、斎藤隆夫議員より軍国主義が発達した理由について見解を問われた際、陸軍大臣として以下のように答弁した。

「いわゆる軍国主義の発生につきましては、陸軍と致しましては、陸軍内の者が軍人としての正しきものの考え方を誤ったこと、とくに指導の地位にあります者がやり方が悪かったことと、これが根本であると信じます。このことが内外のいろいろな情勢と、複雑な因果関係を生じまして、ある者は軍の力を背景とし、ある者は勢いに乗じまして、いわゆる独善的な、横暴な措置をとった者があると信じます。ことに許すべからざることは、軍の不当なる政治干渉であります。かようなことが重大な原因となりまして、今回のごとき悲痛な状態を、国家にもたらしましたことは、何とも申し訳がありませぬ。私は陸軍の最後にあたりまして、議会を通じてこの点につき、全国民諸君に衷心からお詫びを申し上げます。陸軍は解体を致します。

過去の罪責に対しまして私共は今後、事実をもってお詫び申し上げること、事実をもって罪をつぐなうことは出来ませぬ。まことに残念でありますが、どうか従来からの国民各位のご同情に訴えまして、この陸軍の過去における罪悪のために、ただいま齋藤君の御質問にもありましたように、純忠なる軍人の功績を抹消し去らないこと、ことに幾多戦没の英霊にたいして、深きご同情を賜らんことをこの際切にお願いいたします。」

これは、下村自身で考えた草案で、終戦直後、軍部とくに陸軍を指弾する空気が強かった時期だけに、本人もかなりの反発を覚悟して壇上に上がったが、果たして議会の反応は彼のメモによれば「この答弁中には案外罵声もなく野次もなく、中頃から終りにかけては満場から度々拍手が起こり、中にはハンカチを取り出して涙を拭う議員を見受けられた。」という好意的なもので、「日本国民の底には深い理解と同情のあることを察してしみじみとありがたく、感涙を押さえて演壇を下った。」と記している。なお、直後に同席していた米内光政海軍大臣にも答弁が求められたが、米内は斎藤の質問には海軍大臣に答弁を求めることが議事録にないことを理由に拒否し場内の憤激を買った。

下村率いる陸軍が組織として軍国主義化と敗戦責任の非を公的な場で認め謝罪した一方で、米内海相率いる海軍はその後の組織解体に至るまで、組織としての公的な分析と総括、自省を行う事はついになかった。しかし、皮肉な事に下村が国会の壇上で感じた「敗戦直後の日本国民の底にあった、陸軍に対する深い理解と同情」は時代を下る毎に急激に薄まっていき、同時に多くの戦後文化人により、米内を始めとする海軍左派を日米開戦を忌避し、本土決戦を拒絶した「良識派」として大書し、組織としての責任を公式に認めた陸軍のみを十五年戦争の真犯人として殊更貶め続けた傾向も相まって、いわゆる陸軍悪玉論・海軍善玉論が昭和史の上で定着する遠因にもなっていった。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第828号「叙任及辞令」1929年10月1日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


議会
先代:
三木與吉郎
日本の旗 参議院内閣委員長
1964年 - 1965年
次代:
柴田栄
公職
先代:
東久邇宮稔彦王
日本の旗 陸軍大臣
第56・57代:1945年
次代:
(廃止)
軍職
先代:
土肥原賢二
War flag of the Imperial Japanese Army.svg 教育総監
第27代:1945年
次代:
(廃止)
先代:
岡部直三郎
War flag of the Imperial Japanese Army.svg 北支那方面軍司令官
1944年 - 1945年
次代:
根本博
先代:
藤江恵輔
War flag of the Imperial Japanese Army.svg 西部軍司令官
1944年
次代:
横山勇
先代:
沢田茂
War flag of the Imperial Japanese Army.svg 第十三軍司令官
1942年 - 1944年
次代:
永津佐比重
先代:
横山正雄
War flag of the Imperial Japanese Army.svg 東京湾要塞司令官
1938年 - 1940年
次代:
小林恒一
学職
先代:
山脇正隆
陸軍大学校校長
第40代:1941年 - 1942年
次代:
岡部直三郎
先代:
(新設)
陸軍科学学校校長
初代:1941年
次代:
村上啓作
先代:
馬場保雄
陸軍砲工学校校長
1940年 - 1941年
次代:
(廃止)