陸軍大学校卒業生一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

陸軍大学校卒業生一覧(りくぐんだいがっこうそつぎょうせいいちらん)は、日本陸軍陸軍大学校卒業生の一覧である。

目次

卒業生[編集]

※冒頭太字は入学年月日、卒業年月日、卒業者数の順で並べた。
※第7期卒業生までは全ての卒業生を掲げ、以後は成績優秀者及び主要なる人物を掲げた。

1期 (明治18年卒)[編集]

明治16年4月12日入学、明治18年12月24日卒業、10名

2期 (明治19年卒)[編集]

明治17年2月15日入学、明治19年12月28日卒業、9名

3期 (明治20年卒)[編集]

明治18年4月入学、明治20年12月10日卒業、7名

4期 (明治21年卒)[編集]

明治19年1月19日入学、明治21年11月28日卒業、13名

5期 (明治22年卒)[編集]

明治20年1月31日入学、明治22年12月9日卒業、10名

6期 (明治23年卒)[編集]

明治20年11月20日入学、明治23年12月23日卒業、12名

7期 (明治24年卒)[編集]

明治21年11月27日入学、明治24年11月28日卒業、9名

8期 (明治25年卒)[編集]

明治22年12月2日入学、明治25年12月2日卒業、17名

9期 (明治26年卒)[編集]

明治23年11月23日入学、明治26年11月30日卒業、14名

10期 (明治29年卒)[編集]

明治24年11月入学、明治27年7月24日中退、明治29年2月29日復校、明治29年3月11日卒業、17名(日清戦争期の為変則)

11期 (明治30年卒)[編集]

明治25年12月入学、明治27年7月24日中退、明治29年2月29日復校、明治30年12月13日卒業、14名(日清戦争期の為変則)

12期 (明治31年卒)[編集]

明治26年11月27日入学、明治27年7月24日中退、明治29年2月29日復校、明治31年12月27日卒業、17名(日清戦争期の為変則)

13期 (明治32年卒)[編集]

明治29年12月入学、明治32年12月21日卒業、41名

14期 (明治33年卒)[編集]

明治30年12月28日入学、明治33年12月20日卒業、39名

15期 (明治34年卒)[編集]

明治31年12月27日入学、明治34年11月28日卒業、40名

16期 (明治35年卒)[編集]

明治32年12月13日入学、明治35年11月28日卒業、44名

17期 (明治36年卒)[編集]

明治33年12月15日入学、明治36年11月28日卒業、45名

18期 (明治39年卒)[編集]

明治34年10月入学、明治37年2月9日中退、明治39年3月20日復校、明治39年11月28日卒業、34名(日露戦争期の為変則)

19期 (明治40年卒)[編集]

明治35年8月9日入学、明治37年2月9日中退、明治39年3月20日復校、明治40年11月30日卒業、33名(日露戦争期の為変則)

20期 (明治41年卒)[編集]

明治36年8月3日入学、明治37年2月9日中退、明治39年3月20日復校、明治41年11月30日卒業、38名(日露戦争期の為変則)

21期 (明治42年卒)[編集]

明治39年11月22日入学、明治42年12月3日卒業、55名

22期 (明治43年卒)[編集]

明治40年12月10日入学、明治43年11月29日卒業、51名

23期 (明治44年卒)[編集]

明治41年12月25日入学、明治44年11月29日卒業、52名

24期 (大正元年卒)[編集]

明治42年12月25日入学、大正元年11月25日卒業、54名

25期 (大正2年卒)[編集]

明治43年12月12日入学、大正2年11月26日卒業、55名

26期 (大正3年卒)[編集]

明治44年12月12日入学、大正3年11月27日卒業、62名

27期 (大正4年卒)[編集]

大正元年12月13日入学、大正4年12月11日卒業、56名

28期 (大正5年卒)[編集]

大正2年12月13日入学、大正5年11月25日卒業、56名

29期 (大正6年卒)[編集]

大正3年12月12日入学、大正6年11月27日卒業、57名

30期 (大正7年卒)[編集]

大正4年11月29日入学、大正7年11月29日卒業、60名

31期 (大正8年卒)[編集]

大正5年12月9日入学、大正8年11月26日卒業、60名

32期 (大正9年卒)[編集]

大正6年12月10日入学、大正9年11月22日卒業、59名

33期 (大正10年卒)[編集]

大正7年12月11日入学、大正10年11月28日卒業、66名

34期 (大正11年卒)[編集]

大正8年12月1日入学、大正11年11月29日卒業、68名

35期 (大正12年卒)[編集]

大正9年12月7日入学、大正12年11月29日卒業、72名

36期 (大正13年卒)[編集]

大正10年12月14日入学、大正13年11月29日卒業、64名

37期 (大正14年卒)[編集]

大正11年12月14日入学、大正14年11月27日卒業、72名

38期 (大正15年卒)[編集]

大正12年12月26日入学、大正15年12月7日卒業、58名

39期 (昭和2年卒)[編集]

大正13年12月26日入学、昭和2年12月6日卒業、59名

40期 (昭和3年卒)[編集]

大正14年12月26日入学、昭和3年12月12日卒業、47名

41期 (昭和4年卒)[編集]

大正15年12月24日入学、昭和4年11月29日卒業、49名

42期 (昭和5年卒)[編集]

昭和2年12月26日入学、昭和5年11月27日卒業、51名

43期 (昭和6年卒)[編集]

昭和3年12月24日入学、昭和6年11月28日卒業、51名
  • 秩父宮雍仁親王 皇族、少将
  • 天野正一 少将、首席
  • 島村矩康 少将、優等、戦死
  • 西村乙嗣 少将、優等
  • 早淵恒治 少将、優等
  • 藤原武 少将、戦死
  • 永井八津次 少将
  • 辻政信 大佐、優等、関東軍参謀、第18方面軍参謀、自由民主党衆議院議員、同参議院議員
  • 久門有文 大佐、優等、戦死
  • 松谷誠 大佐、陸将、参謀本部戦争指導課長兼大本営第15課長、大本営第20班長、支那派遣軍参謀、杉山元陸軍大臣秘書官、阿南惟幾陸相秘書官、技術院参議官兼綜合計画局参事官・鈴木貫太郎総理大臣秘書官兼陸軍省軍務局御用掛、保安大学校幹事、保安研修所副所長、第4管区総監、西部方面総監、北部方面総監

44期 (昭和7年卒)[編集]

昭和4年12月13日入学、昭和7年11月29日卒業、49名

45期 (昭和8年卒)[編集]

昭和5年12月12日入学、昭和8年11月29日卒業、49名

46期 (昭和9年卒)[編集]

昭和6年12月12日入学、昭和9年11月29日卒業、51名

47期 (昭和10年卒)[編集]

昭和7年12月10日入学、昭和10年11月29日卒業、45名

48期 (昭和11年卒)[編集]

昭和8年12月12日入学、昭和11年11月29日卒業、39名

49期 (昭和12年卒)[編集]

昭和9年12月13日入学、昭和12年10月28日卒業、41名

50期 (昭和13年卒)[編集]

昭和10年12月13日入学、昭和13年5月28日卒業、41名
  • 竹田宮恒徳王 皇族、中佐
  • 近藤伝八 大佐、首席、戦死
  • 重野誠雄 大佐、優等、南方軍参謀(兵站主任)、陸軍大学校教官、陸軍省軍務局戦備課高級課員
  • 吉橋戒三 大佐、陸将、優等、陸軍大学校教官、侍従武官、第5管区総監(陸自)、西部方面総監陸上自衛隊幹部学校
  • 鹿子島隆 中佐、優等
  • 山口英治 中佐、優等
  • 和田盛哉 中佐、優等
  • 藤原岩市 中佐、陸将、第21軍参謀(広東)、陸上自衛隊調査学校長、第12師団長(陸自)、第1師団長(陸自)、国防政策研究会会長
  • 吉江誠一 中佐、陸上幕僚長たる陸将、閑院宮載仁親王付武官、大本営参謀、第13師団長(陸自)、統合幕僚会議事務局長兼統合幕僚学校長、陸上幕僚長

51期 (昭和13年卒)[編集]

昭和11年12月14日入学、昭和13年12月8日卒業、51名

52期 (昭和14年卒)[編集]

昭和12年11月1日入学、昭和14年11月27日卒業、52名

53期 (昭和15年卒)[編集]

昭和13年6月11日入学、昭和15年6月17日卒業、49名

54期 (昭和16年卒)[編集]

昭和13年12月27日入学、昭和16年7月31日卒業、73名

55期 (昭和16年卒)[編集]

昭和14年12月13日入学、昭和16年12月5日卒業、70名
  • 三笠宮崇仁親王 皇族、少佐、航空総軍参謀、歴史学者
  • 井田正孝 中佐、優等、台湾軍参謀、第10方面軍参謀、陸軍省軍務局課員、電通総務部長、電通映画社常務
  • 浜谷政男 中佐、優等、陸軍省軍務局軍事課員
  • 山本信市 中佐、優等、第18軍参謀
  • 神直道 中佐、大本営参謀、第8飛行師団参謀、第32軍兼第6航空軍兼第8飛行師団参謀、第6航空軍参謀
  • 緒方景俊 少佐、航空幕僚長たる空将、首席、大本営参謀、陸軍省軍務局課員、防衛研修所副所長、航空自衛隊幹部候補生学校長、統合幕僚会議事務局長兼統合幕僚学校長、航空幕僚副長、航空幕僚長
  • 衣笠駿雄 少佐、統合幕僚会議議長たる陸将、優等、第4航空軍参謀、陸軍航空本部総務部員、航空本部総務部員兼航空総軍参謀、第1空挺団長、陸上自衛隊航空学校長、陸上幕僚監部第4部航空課長、陸上幕僚監部第3部長、第3師団長(陸自)、陸上幕僚副長、陸上幕僚長、統合幕僚会議議長
  • 久納清之助 少佐、陸将、優等、大本営参謀、第8方面軍参謀、陸上幕僚監部第4部長、第12師団長(陸自)

56期 (昭和17年卒)[編集]

昭和15年12月26日入学、昭和17年11月30日卒業、96名
  • 松永真一郎 中佐、優等、第18軍参謀、戦死
  • 堀栄三 中佐、陸将補、大本営陸軍部第2部第6課(米国班)参謀、第14方面軍作戦参謀、陸軍省軍務局課員、陸上幕僚監部第2部国外班長、駐西ドイツ大使館防衛駐在官、統合幕僚会議第2室長、西吉野村
  • 酒井正美 少佐、優等、大本営参謀、陸軍省軍務局軍事課課員、新潟ゴム常務、新潟ゴム代表、日加工業(現・日加商工)常務
  • 田中俊資 少佐、首席、関東軍参謀、大本営参謀、南朝研究家、田中静壱陸軍大将の次男
  • 戸梶金次郎 少佐、優等、上海派遣軍参謀、戦死
  • 中村龍平 少佐、統合幕僚会議議長たる陸将、優等、関東軍参謀、大本営参謀、第3普通科連隊長、東部方面総監部幕僚副長、統合幕僚会議事務局第2幕僚室長、第11師団長(陸自)、東部方面総監、陸上幕僚長、統合幕僚会議議長
  • 渡辺博 少佐、陸将、優等、第14方面軍参謀、陸上幕僚監部第3部長、第2師団長(陸自)、第1師団長(陸自)、中部方面総監
  • 野口省己 少佐、陸将補、第56師団参謀、第33軍参謀、第9普通科連隊第3大隊長、出雲駐屯地司令兼第8普通科連隊第1大隊長、第3管区総監部第3部長、陸上自衛隊幹部学校教官、登山家野口健の祖父
  • 野中国男 少佐、第31師団参謀、自決
  • 津野田知重 少佐、第36師団参謀、大本営参謀、日本科学技術振興財団専務理事、津野田是重陸軍少将の三男

57期 (昭和18年卒)[編集]

昭和16年12月24日入学、昭和18年11月30日卒業、93名
  • 金冨与志二 中佐、優等、ビルマ方面軍参謀、日本工業新聞専務、サンケイビル取締役、サンケイビル社長、スバス・チャンドラ・ボースの遺骨返還に尽力
  • 大橋吉夫 少佐、優等、南方軍参謀
  • 中島純雄 少佐、優等
  • 登東洋夫 少佐、優等、参謀本部ロシア課員、公安調査庁神奈川地方公安調査局長、公安調査庁研修所長
  • 笛田房吉 少佐、空将補、優等、第17方面軍参謀、航空幕僚監部防衛部副部長、航空自衛隊幹部学校副校長兼市ヶ谷基地司令、航空自衛隊幹部候補生学校長
  • 山口二三 少佐、空将補、優等、南方軍参謀、航空幕僚監部防衛部長、航空幕僚長候補だったが、防衛庁機密漏洩事件の捜査の最中に自殺
  • 後勝 少佐、緬甸方面軍参謀、東洋紙業株式会社副社長、同最高顧問
  • 堀江正夫 少佐、陸将、第18軍参謀、東部方面総監部幕僚長兼市ヶ谷駐屯地司令、第3師団長、陸上幕僚監部第5部長、陸上幕僚副長、西部方面総監、自由民主党参議院議員、日本郷友連盟会長、英霊にこたえる会会長、同名誉会長

58期 (昭和19年卒)[編集]

昭和17年12月13日入学、昭和19年7月31日卒業、103名(内、航空学生の一部16名は昭和19年5月に卒業する。)
  • 盛厚王 皇族、少佐、第36軍情報参謀、貴族院議員、皇籍離脱帝都高速度交通営団監事
  • 中津川七良 中佐、優等、戦死
  • 古賀秀正 少佐、自決
  • 小林一男 少佐、優等、陸軍省兵務局兵務課員
  • 是松俊夫 少佐、優等(昭和19年5月卒業)、第14方面軍参謀
  • 高杉恭自 少佐、陸将、優等、関東軍参謀、陸上自衛隊富士学校特科教育部長、陸上幕僚監部第2部収集班長兼情報計画班長、防衛研修所副所長、陸上自衛隊通信学校長兼久里浜駐とん地司令、第4師団長(陸自)、東北方面総監
  • 田中岩男 少佐、優等(昭和19年5月卒業)、第4航空軍参謀
  • 南重義 少佐、優等、第1総軍参謀
  • 倉澤清忠 少佐(昭和19年5月卒業)、第6航空軍参謀、第26飛行団参謀、印刷会社社長
  • 白川元春 少佐、統合幕僚会議議長たる空将(昭和19年5月卒業)、南方軍参謀、航空幕僚監部人事教育部人事課長、航空幕僚監部防衛部防衛課長、西部航空方面隊司令部幕僚長、中部航空警戒管制団司令、航空総隊司令部幕僚長、航空幕僚監部人事教育部長、西部航空方面隊司令官、統合幕僚会議事務局長兼統合幕僚学校長、航空幕僚副長、航空幕僚長、統合幕僚会議議長
  • 曲壽郎 少佐、 陸上幕僚長たる陸将、支那派遣軍参謀、司法試験合格、陸上幕僚監部第3部防衛班長、第4特科群長兼上富良野駐とん地司令、防衛研修所所員、統合幕僚会議事務局第1幕僚室長、統合幕僚会議事務局第3幕僚室長、陸上幕僚監部第3部長、第12師団長(陸自)、防衛大学校幹事、陸上幕僚副長、陸上幕僚長、東京簡易裁判所判事弁護士
  • 上田泰弘 少佐、航空幕僚長たる空将、第51航空団参謀、航空幕僚監部人事教育部人事課補任班長、西部航空司令所防衛部長、航空幕僚監部人事教育部人事課長、第31普通科連隊長、航空自衛隊第3術科学校長、第3航空団司令兼小牧基地司令、航空幕僚監部人事教育部長、北部航空方面隊司令官、航空幕僚副長、航空幕僚長、空幕長在任中に発生した全日空機雫石衝突事故の責により、在任40日で辞職。

59期 (昭和19年卒)[編集]

昭和18年12月1日入学、昭和19年12月20日卒業、199名

60期 (昭和20年卒)[編集]

昭和20年2月11日入学、昭和20年8月6日卒業、120名