赤松貞雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
赤松 貞雄
生誕 1900年5月21日
日本の旗 日本 東京府
死没 (1982-08-16) 1982年8月16日(82歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1922 - 1945
最終階級 陸軍大佐
テンプレートを表示

赤松 貞雄(あかまつ さだお、明治33年(1900年5月21日 - 昭和57年(1982年8月16日)は、日本陸軍軍人東條英機大将の、陸相秘書官首相秘書官として知られる。階級は陸軍大佐小松崎力雄陸軍少将は兄。

陸軍大佐小松崎清職の三男として秋田県に生まれ、後に赤松久吾の養子となる。京華中学校で学び、仙台陸軍地方幼年学校(33期)卒業。以後の経歴は以下のとおり。

経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、1頁。NDLJP:1276156 

 

著書[編集]

加瀬俊一細川護貞大井篤賀屋興宣青地晨との共著