山縣有光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山縣 有光(やまがた ありみつ、1903年明治36年)6月2日 - 1982年昭和57年)8月16日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍大佐男爵。旧名・船越三郎。

経歴[編集]

東京出身。男爵・船越光之丞と母・松子(山縣有朋の娘)の三男として生まれ、有朋の養嗣子・山縣伊三郎の養子となり、祖父の功により、1922年大正11年)2月、山縣公爵家から分家して男爵の爵位を授爵した。

学習院東京陸軍幼年学校陸軍士官学校予科(36期)を経て、1925年(大正14年)7月、陸軍士官学校(37期)を卒業。同年10月、陸軍少尉に任官し歩兵第3連隊付となる。1932年(昭和7年)11月、陸軍大学校(44期)を卒業した。

陸軍兵器本廠付(新聞班)、陸軍省軍務局課員、ドイツ駐在などを経て、1937年(昭和12年)8月、航空兵科に転じ航空大尉となる。ドイツ大使館武官補佐官参謀本部員などを歴任し、1941年(昭和16年)3月から1944年(昭和19年)12月まで侍従武官を勤めた。

1944年3月、陸軍大佐に進級し、同年12月、浜松教導飛行師団司令部付となり、第6航空軍隷下の第21飛行団長として終戦を迎えた。1945年(昭和20年)11月に復員

親族[編集]

参考文献[編集]