陸軍大学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1930年代中頃の陸大卒業者、「御賜の軍刀組」(首席1名および優等5名成績上位者)

陸軍大学校(りくぐんだいがっこう)は、大日本帝国陸軍参謀・高級将校養成教育機関(軍学校)。略称は陸大。現在の陸上自衛隊では、陸上自衛隊幹部学校に相当する。

概要[編集]

陸軍の諸学校が陸軍士官学校を筆頭に、基本的には教育総監部の管轄であったのに対し(陸軍航空士官学校を筆頭に、航空諸学校は陸軍航空総監部の管轄)、陸大は陸軍中野学校と共に参謀本部の管轄であり、卒業生の人事も参謀本部が行った。期ごとの人数は草創期を除いて50名から60名で推移し[1]、最終期である60期は120名[2]。卒業者は通算で約3,000名[3]。陸士同期生のほぼ1割程度が陸大に入学できたとされる[4]

選抜[編集]

陸大の受験資格者は、現役陸軍将校のうち、所属長(連隊長など)の推薦を受けた、陸士を経て少尉任官後に隊附(部隊勤務)2年以上の中尉少尉[5]。大尉に進級すると受験資格を失った[1]。陸士出身者以外で陸大を卒業したのは1名のみ(陸大1期の東条秀教)である[3]。修学期間は3年[5]。なお受験資格・修学期間とも変遷がある[5]

入校試験は初審(筆記試験)と再審の二段階であり、初審で学識の程度を判定し、再審で学識の活用を判定すると公示されていた。初審は、毎年行わる秋期検閲の際に実施され、検閲将官会同で合否が決定された。再審は陸大で行なわれ、陸大教官が試験官となっての口頭試験であった。再審を突破して陸大に入校できるのは、受験者の1割程度であった。陸大合格には、3年程度をかけての受験勉強が必要だった。[6]

今村均(27期首席[2])が陸大に入校した1912年(明治45年/大正元年)の入校試験の経過は以下の通り。初審は4月に実施され、7日間を要した。今村は前年も初審を受験しており、所要日数は同じだった。8月、今村が属していた第2師団司令部に、陸大から「今村は初審に合格したので12月1日に陸大に出頭すべし」と通知された。再審は12月2日から10日間に渡って実施され、受験者は120名であった。1日目から9日目までは、学識を問う通常の口頭試験であり、戦術は5名の陸大教官が、他の課目は2‐3名の陸大教官が試験官を務めた。10日目は「人物考査」という課目であり、陸大幹事(校長に次ぐNo2[5])の鈴木荘六少将、先任兵学教官(中佐)の2名が試験官であった。今村に対する試問は、学識を問うものではなく、圧迫面接のように、答えに窮する問いを意図的にぶつけて反応を試すものであった。12月12日、入校式の直前に、受験者全員120名が陸大の大講堂に集められて、うち60名が合格と告げられ、今村は合格した。それから14年後、鈴木荘六が参謀総長、今村が参謀本部部員であった時[注釈 1]、鈴木に随行していた今村が、陸大入校試験のことを尋ねると、鈴木は、「あれはわしの主張で、あの年初めてやったこと」(出典からそのまま引用)であり、多くの者に、今村に行ったのと同内容の「圧迫面接」を行ったと答えた。[9]

士官候補生出身ではない、陸軍少尉候補者出身の将校、予備役将校幹部候補生出身など)から現役に転じた将校(特別志願将校)も、陸軍現役将校として士官候補生出身者と対等に扱われ、陸大の受験資格を有していた。ただし、士官候補生出身者以外で陸大を受験・初審を突破した者は僅かに存在するものの、再審をも突破して陸大入校を果たした例はなかった。

教育[編集]

陸大では戦略・戦術の教育を中心に、戦史、参謀要務等の主科目と兵器、築城、交通、兵要地学、外国語、海戦術、憲法、国史等の補助科目が教育された。

授業は講義もしくは兵棋演習等が主体であったが、現地研究演習も毎年実施されていた。

その戦略・戦術思想として特に強調されたのは、1、包囲殲滅の推奨 2,要時要点に戦力の徹底集中 3、戦機の捕捉とこれに乗ずる攻撃 4、先制主導権の獲得と利用、5、機動の重視と独断の推奨 6、夜間攻撃の奨励であった。

しかし、第一次世界大戦後から急速に発展した航空部隊や機械化部隊の運用については、他先進国に比べて遅れていた。

戦史教育では、近代戦術の元祖である欧州戦史、日本軍が戦った日清日露戦史、戦国合戦等の日本古戦史などがとりあげられた。[10]

なお、軍人勅諭において軍人の政治への不関与が謳われていたこともあり、仮想敵国や戦争論といった政治と関わる戦争指導の科目は設定されなかったが、必要がある場合は戦史教育や課外講演等において教育、補足していた。[10]

これは戦争の未然防止といった事項に対しても計画的・理論的な研究・教育がされなかったことの裏返しでもあり、陸軍において政治への認識がかえって浅薄になったことで、軍部と政治家との間に一致点を見いださないまま政戦略を度外視し、戦争を前提に国内・国外政治に関与する作戦第一主義(作戦至上主義)の遠因にもなった。[10]

卒業[編集]

陸軍騎兵少佐当時の秋山好古。胸部に陸軍大学校卒業徽章を佩用

陸大卒業者には菊花星章をかたどった「陸軍大学校卒業徽章[11][注釈 2] が授与された。この徽章が江戸時代天保通宝に似ている事から、陸大卒業者は「天保銭組」と通称され、対して陸大を出ない大多数の将校は「無天組」と呼ばれた。無天組の天保銭組への反発・妬みを考慮し[12]1936年(昭和11年)に陸大卒業徽章の授与制度が廃止され、既卒者が陸大卒業徽章を佩用することも禁じられた[11]

成績評価は、各教官の評価を学生に接したことのない学事副官が集計して序列を決めるなど、情実が入らないしくみであった[13]。陸大の卒業式には天皇が行幸し、卒業席次上位6名には御賜の軍刀が授けられ[注釈 3][13]、これら6名は「軍刀組」あるいは「恩賜組」[13]と呼ばれた。首席卒業者は天皇の前で御前講演を行った[13]

陸大卒業者は、それまでの序列とは関係なく、陸士同期生の最右翼(序列トップ)に置かれた[14]。陸士同期生の中で陸大卒業期は6‐7期にわたるが、陸大卒業者の中の序列については、陸大卒業成績の上下が、陸大卒業期の先後に優先した[15]。なお、陸軍砲工学校高等科優等卒業者は陸大卒業者と同等に扱われ、さらに東京帝国大学等に員外学生として派遣されて学士号を取得した者は陸大恩賜組と同等に扱われた[16][17][注釈 4][注釈 5]

昭和時代には陸大卒業者が陸軍省参謀本部(省部)の幕僚を独占した。旅団長と師団長もほぼすべてが陸大卒業者である。

しかし、陸大首席が佐官止まり(24期首席:陸軍省軍務局騎兵課長・騎兵大佐で予備役[2]、25期首席:歩兵第61連隊附・歩兵中佐で予備役[2])という事例もある[20]。陸大卒業者の特権的な待遇は卒業後10年程度で終了し、以後は実力が問われたため、陸大卒業者のうち3割ほどは大佐どまりだったとされる[21]

皇族枠[編集]

一般軍人に対しては厳しい選抜試験が課せられたが、皇族王公族の場合は別枠で形式的な入学試験のみで入校することが可能であった。陸軍幼年学校においては皇族・王公族以外にも華族(一部士族)に対して優遇枠が設けられていたが、陸大においては皇族にのみ限定されている。入校後の成績や進級に手心は加えてもらえなかったが、成績は公表されない。秩父宮雍仁親王については成績優秀であったため恩賜の軍刀を与えてはどうかとの議論が教官の間でもちあがった。皇族は卒業後に海外留学するのが一般的だった。

歴史[編集]

日本陸軍は創設以来フランス陸軍式の軍制を整えていたが、普仏戦争において勝利したプロイセン王国ドイツ)の影響からドイツ陸軍式への軍制改革も模索されていた。参謀養成を目的とした教育機関である陸大は、1882年明治15年)に「陸軍大学校条例」よって創設され[5]、教官にはフランス軍将校があたっていた。1883年(明治16年)4月に赤坂の参謀本部敷地内に生徒10人で開校した。

1884年(明治17年)にはドイツ帝国の陸軍大学校 (Preußische Kriegsakademie) をモデルとすることになり、参謀本部長山縣有朋陸軍卿大山巌によりドイツ人教官の招聘が決定された。日本からの要請を受けたドイツの陸軍大臣ブロンザルト・フォン・シェレンドルフや参謀総長ヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケ1885年(明治18年)にクレメンス・ウィルヘルム・ヤコブ・メッケル参謀少佐を陸大に派遣した。教官となったメッケルはそれまでの図上演習等に加えて現地における参謀業務の実習、戦術教育を重視し、3年次には参謀演習旅行を行った。メッケルは1888年(明治21年)に退任したが、その教育は高く評価され、後年まで影響を与えた。

陸大跡地(北青山)

参謀本部が三宅坂に移転すると現在の青山北町1丁目(現在の北青山1丁目、港区立青山中学校)に校舎が建設され、1891年(明治24年)から利用された。太平洋戦争(大東亜戦争)末期の1945年昭和20年)4月には山梨県甲府市常磐ホテルに疎開した。

1933年(昭和8年)に師団参謀要員の養成課程として「専科学生」(修学期間は約1年)が新設され、1944年(昭和19年)までに480名が卒業した。他に「専攻学生」と「航空学生」が短期間存在したが、卒業者は両者を合わせて100名に満たない[5]

太平洋戦争(大東亜戦争)の激化により、陸大の修学期間は本来の3年から、1942年(昭和17年)12月入校の58期は1年8ケ月、1943年(昭和18年)12月入校の59期は1年3か月の予定が1944年(昭和19年)12月に1年の修学で卒業し[注釈 6]、同時に陸大の教育が中止された。[22]

翌年、1945年(昭和20年)1月に、陸大の教育を同年2月に再開すると発表され、陸大最後の期となった60期が2月11日[2]に入校した。60期の修学期間は当初は1年の予定であったが、3月に参謀次長から「60期生が7月までの課程を修了すれば、陸大を閉鎖する可能性がある」旨が通知され、8月6日[2]に卒業した。[22]60期についても、優等卒業者6名に恩賜の軍刀が授与された[2]

歴代校長[編集]

  1. (兼)児玉源太郎 歩兵大佐:1887年10月25日 -
  2. 高橋惟則 歩兵大佐:1889年11月2日 -
  3. 大島久直 歩兵大佐:1890年6月13日 -
  4. 塩屋方圀 砲兵大佐:1892年2月6日 -
  5. (扱)藤井包總 工兵大佐:1894年8月1日 -
  6. (扱)塩屋方圀 少将:1895年6月24日 -
  7. (扱)立見尚文 少将:1896年1月27日 -
  8. (扱)大島久直 少将:1896年4月1日 -
  9. 大島久直 少将:1896年5月11日 - 6月6日
  10. 塚本勝嘉 歩兵大佐:1896年6月6日 -
  11. 大島久直 少将:1897年4月24日 -
  12. 上田有沢 少将:1898年10月1日 -
  13. (扱)寺内正毅 中将:1901年2月18日 - 1902年3月27日
  14. (心)藤井茂太 砲兵大佐:1902年5月5日 - 1902年6月21日
  15. 藤井茂太 少将:1902年6月21日 - 1906年2月6日
  16. 井口省吾 少将:1906年2月6日 - 1912年11月27日
  17. 大井菊太郎 少将:1912年11月27日 - 1914年5月11日
  18. 由比光衛 中将:1914年5月11日 - 1915年1月25日
  19. 河合操 少将:1915年1月25日 - 1917年8月6日
  20. 浄法寺五郎 中将:1917年8月6日 -
  21. 宇垣一成 少将:1919年4月1日 -
  22. 星野庄三郎 中将:1921年3月11日 -
  23. 田村守衛 少将:1922年2月8日 -
  24. 和田亀治 中将:1923年8月6日 -
  25. 渡辺錠太郎 中将:1925年5月1日 -
  26. (兼)金谷範三 中将:1926年3月2日 -
  27. 林銑十郎 中将:1927年3月5日 -
  28. 荒木貞夫 中将:1928年8月10日 -
  29. 多門二郎 中将:1929年8月1日 -
  30. 牛島貞雄 少将:1930年12月22日 -
  31. 広瀬猛 中将:1933年8月18日 - 1934年7月17日
  32. (兼)杉山元 中将:1934年8月1日 -
  33. 小畑敏四郎 少将:1935年3月18日 -
  34. 前田利為 少将:1936年8月1日 -
  35. (兼)今井清 中将:1937年8月2日 -
  36. (兼)多田駿 中将:1937年8月14日 -
  37. 塚田攻 少将:1938年3月5日 -
  38. 飯村穣 少将:1938年12月10日 -
  39. 藤江恵輔 中将:1939年10月26日 -
  40. 山脇正隆 中将:1941年4月10日 -
  41. 下村定 中将:1941年9月3日 -
  42. 岡部直三郎 中将:1942年10月8日 -
  43. 飯村穣 中将:1943年10月29日 -
  44. (兼)秦彦三郎 中将:1944年3月22日 -
  45. 田中静壱 大将:1944年8月3日 -
  46. 賀陽宮恒憲王 中将:1945年3月9日 - 9月16日

主な卒業生[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 鈴木は1926年(大正15年)3月から1930年(昭和5年)2月まで参謀総長[7] 、今村は1921年(大正10年)8月から1926年(大正15年)8月まで参謀本部部員[8]。この挿話は大正15年のことであろう。
  2. ^ 1期生に授与された時の名称は「陸軍参謀官適任証書所有徽章」[12]
  3. ^ 陸大優等卒業者への恩賜品は、6期までは望遠鏡、それ以降は軍刀[13]
  4. ^ 秦郁彦は、「砲工学校高等科優等卒業者は、陸大優等卒業者と同等に扱われた」と述べている[18]
  5. ^ 石井正紀は、陸士24期生(明治45年卒業)について調査し、「砲工学校高等科を経て員外学生となった者は多くが中将に至る」「砲兵科・工兵科で、砲工学校高等科を卒業したが、員外学生にならず、かつ陸大に進まなかった者の、将官への進級割合は7割程度」と述べている[19]
  6. ^ 59期については、陸大卒業後に参謀本部において1ケ月-2ケ月の補充教育が行われた[22]

出典[編集]

  1. ^ a b 山口 2005, p. 59
  2. ^ a b c d e f g 秦 2005, pp. 545-611, 「陸軍大学校卒業生」
  3. ^ a b 藤井 2015, p. 229
  4. ^ 山口 2005, p. 43
  5. ^ a b c d e f 秦 2005, pp. 774-775, 「陸海軍用語の解説-陸軍大学校」
  6. ^ 黒野 2004, pp. 64-65
  7. ^ 秦 2005, pp. 86-87, 「鈴木荘六」
  8. ^ 秦 2005, p. 23, 「今村均」
  9. ^ 今村 1980, pp. 77-82, 「陸軍大学校入学」
  10. ^ a b c 上法快男編、高山信武著、『続・陸軍大学校』芙蓉書房 1978年
  11. ^ a b 陸軍大学校卒業徴章を佩用し得さる件(陸普第二四八一号。陸軍省副官から通牒)”. アジア歴史資料センター. 2017年1月15日閲覧。
  12. ^ a b 黒野 2004, p. 69
  13. ^ a b c d e 黒野 2004, pp. 66-67
  14. ^ 山口 2005, p. 44
  15. ^ 藤井 2013, p. 125
  16. ^ 藤井 2013, p. 140
  17. ^ 石井 2014, p. 20
  18. ^ 秦 2005, pp. 636-637, 「陸軍砲工(科学)学校高等科卒業生」
  19. ^ 石井 2014, pp. 24-28
  20. ^ 藤井 2013, p. 126
  21. ^ 山口 2005, p. 44
  22. ^ a b c 黒野 2004, pp. 255-256

参考文献[編集]

  • 石井正紀 『陸軍員外学生』 光人社(光人社NF文庫)、2014年 
  • 今村均 『今村均回顧録』 芙蓉書房出版、1980年 
  • 上法快男編、 『陸軍大学校』、芙蓉書房、1988年
  • 上法快男編、高山信武著、『続・陸軍大学校』芙蓉書房 1978年
  • 黒野耐久 『参謀本部と陸軍大学校』 講談社(講談社現代新書)、2004年ISBN 4061497073 
  • 秦郁彦 編著 『日本陸海軍総合事典』 (第2版) 東京大学出版会、2005年 
  • 藤井非三四 『陸軍人事』 光人社(光人社NF文庫)、2013年 
  • 藤井非三四 『昭和の陸軍人事』 光人社(光人社NF文庫)、2015年 
  • 防衛教育研究会編 『統帥綱領・統帥参考』 田中書店、1983年 復刻版
  • 山口宗之 『陸軍と海軍-陸海軍将校史の研究』 清文堂、2005年 

関連項目[編集]