河合操

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
河合 操
Misao Kawai.jpg
生誕 1864年10月26日
豊後国
死没 (1941-10-11) 1941年10月11日(76歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1879 - 1926
最終階級 陸軍大将
除隊後 枢密顧問官
テンプレートを表示

河合 操(かわい みさお、1864年10月26日元治元年9月26日) - 1941年10月11日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍大将

経歴[編集]

杵築藩士、河合盛益の二男として生れる。1879年11月、陸軍教導団に入り工兵軍曹を経て、1886年6月、陸軍士官学校(旧8期)を卒業し、陸軍少尉任官。1892年12月、陸軍大学校(8期)を卒業した。台湾総督府参謀として1895年8月から1897年2月まで台湾に出征した。その後、陸大教官、ドイツ駐在、大本営参謀などを歴任。

日露戦争では、満州軍参謀として出征し、遼陽会戦後に第4軍参謀、さらに第3軍参謀副長となった。ドイツ駐在、陸大教官、陸大幹事、陸軍省軍務局歩兵課長を経て、1910年11月、陸軍少将に進級し、歩兵第7旅団長、人事局長、陸大校長を歴任。1915年8月、陸軍中将となり、第1師団長、関東軍司令官を歴任。1921年4月、陸軍大将となり、軍事参議官、参謀総長を務め、1926年3月に予備役に編入。1927年5月から没するまで枢密顧問官を務めた。

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah 河合操』 アジア歴史資料センター Ref.A06051181000 
  2. ^ 『官報』第1034号「叙任」1886年12月9日。
  3. ^ 『官報』第2571号「叙任及辞令」1892年1月28日。
  4. ^ 『官報』第3444号「叙任及辞令」1894年12月19日。
  5. ^ 『官報』第4981号「叙任及辞令」1900年2月12日。
  6. ^ 『官報』第6367号「叙任及辞令」1904年9月17日。
  7. ^ 『官報』第7352号「叙任及辞令」1907年12月28日。
  8. ^ 『官報』第8290号「叙任及辞令」1911年2月13日。
  9. ^ 『官報』第934号「叙任及辞令」1915年9月11日。
  10. ^ 『官報』第1551号「叙任及辞令」1917年10月2日。
  11. ^ 『官報』第2460号「叙任及辞令」1920年10月13日。
  12. ^ 『官報』第3392号「叙任及辞令」1923年12月12日。
  13. ^ 『官報』第967号「叙任及辞令」1930年3月24日。
  14. ^ 『官報』第3073号「叙任及辞令」1937年4月2日。
  15. ^ 『官報』第4433号「叙任及辞令」1941年10月15日。
  16. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1896年4月23日。
  17. ^ 『官報』第4744号「叙任及辞令」1899年4月28日。
  18. ^ 『官報』第6573号「叙任及辞令」1905年5月31日。
  19. ^ 『官報』第924号「叙任及辞令」1915年8月30日。
  20. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  21. ^ 『官報』第2026号「叙任及辞令」1919年5月8日。
  22. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。
  23. ^ 『官報』第3706号「叙任及辞令」1924年12月27日。
  24. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  25. ^ 『官報』第4433号「叙任及辞令」1941年10月15日。
  26. ^ 『官報』第3529号「叙任及辞令」1924年5月30日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。