由比光衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
由比光衛
Yui Mitsue.jpg
由比光衛
生誕 1860年11月27日
死没 1925年9月18日(満64歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
最終階級 陸軍大将
テンプレートを表示

由比 光衛(ゆひ みつえ、1860年11月27日万延元年10月15日) - 1925年9月18日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍大将

経歴[編集]

土佐藩士、由比光索の長男として生れる。土佐海南私塾を経て、陸軍士官学校幼年生徒となり、1882年12月、陸軍士官学校(旧5期)を卒業し、陸軍少尉任官。1891年11月、陸軍大学校(7期)を首席で卒業した。陸士教官、大本営参謀を歴任し、日清戦争では第2軍参謀として出征した。1895年から1899年までイギリスに留学し、その後、西部都督部参謀、臨時清国派遣隊参謀、第5師団参謀、参謀本部2部欧州班長などを歴任した。

日露戦争では、第2軍参謀副長として出征したが、同軍参謀長落合豊三郎少将と対立し、奉天会戦直前に第8師団参謀長に転出し参戦した。1909年5月、陸軍少将に進級し歩兵第27旅団長、参謀本部第1部長を務め、1914年5月、陸軍中将となり、陸大校長、第15師団長、近衛師団長を歴任。シベリア出兵では、浦塩派遣軍の参謀長を務めた。その後、青島守備軍司令官を経て、1919年11月、陸軍大将となり、軍事参議官を務め1923年予備役に編入された。

評価[編集]

陸軍士官学校を首席で卒業した秀才。旅順攻略ではその難しさに警鐘を鳴らす数少ない良識者であり、早くから28センチ砲を用いるように提案していた人物であった。「其ノ初メ少佐由比光衛開戦前大イニ二十八珊砲使用ヲ主張シタガ、突飛ナリトテ一笑に附セラレタ(出典:機密日露戦史)」。また少将時代に田中義一大将(当時中佐)、佐藤鋼次郎中将(当時中佐)らと共に旅順要塞の攻略を軽視しないように進言したがこれも聞き入れられることはなかった[要出典]この由比の進言の的確さは旅順要塞で大量の死傷者を出したことによって証明された。もしこの進言が受け入れられていれば、被害を最小限に済ませてもっと短期間で旅順要塞を陥落できたといえる[要出典]

一方、黒溝台一時放棄作戦を考え、日本軍を窮地に陥らせた[要出典]しかし、これは満州軍総司令部が敵の数を偵察隊ぐらいだと間違って伝達された上で構築された策であり、正確な情報が伝えられていれば由比の策は違うものになったと思われる[要出典]

宇都宮太郎大将は自身の手記で、松石更迭後の第一部長について「第一候補は由比光衛、第二候補は田村怡与造の婿山梨半造、宇都宮の同期の柴勝三郎、新潟出身の星野金吾」を挙げたが、福島中将も由比が最適であるとして第一部長に推薦されている[要出典]

また、日本軍の四回の出兵全てにおいて主要方面での参謀を務めている。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。