山脇正隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山脇 正隆(やまわき まさたか、1886年明治19年)3月2日 - 1974年昭和49年)4月21日)は、日本の陸軍軍人陸軍大将。官位は従三位勲一等功三級

経歴[編集]

略歴[編集]

高知県甲原村(現:土佐市)で士族の家に生まれる。生家は山内家に代々仕えた土器(かわらけ)師の家系だった。

1900年広島陸軍地方幼年学校、1905年陸軍士官学校18期、1914年陸軍大学校(26期)卒業、首席により天皇より軍刀を下賜。1927年参謀本部編成班長。1929年参謀本部編成動員課長。1931年歩兵第22連隊長。1932年教育総監部第一課長。1934年3月ポーランド大使館付武官、同年8月陸軍少将に。1935年整備局長。1937年11月陸軍中将。1938年陸軍次官。1939年第三師団長。1940年駐蒙軍司令官。1941年陸軍大学校校長、参謀本部付、同年12月予備役。1942年9月に臨時召集によりボルネオ守備軍司令官。1944年9月に陸軍大将に昇進。第37軍司令官、参謀本部付。1945年5月召集解除。戦犯容疑で軍事裁判を受けるも数日で無罪になった。

戦後は高知県に居住。1954年高知県郷友会会長。妻と死別後、東京に転居。1963年から74年まで偕行社会長を務めた。土佐育英協会東京学生寮「土佐寮」舎監。

1974年4月21日に死去(88歳)。墓地はさいたま市青葉園。

備考[編集]

  • 語学が堪能でドイツ語、フランス語、ロシア語、ポーランド語を流暢に話した。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第3946号、昭和15年3月4日
  2. ^ 『官報』第4917号、昭和18年6月5日

関連書籍[編集]

  • 明神慶昌(著)『平和を愛した最後の陸軍大将山脇正隆』リーブル出版、2007年。

関連項目[編集]