星野庄三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
星野 庄三郎
ほしの しょうざぶろう
Hoshino Shozaburo.jpg
生誕 1869年6月15日
大日本帝国の旗 大日本帝国新潟県
死没 (1931-01-22) 1931年1月22日(満61歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1889 - 1925
最終階級 中将
テンプレートを表示

星野 庄三郎(ほしの しょうざぶろう、1869年6月15日明治2年5月6日) - 1931年(昭和6年)1月22日)は、日本の陸軍軍人陸士2期陸大14期。栄典は従三位勲一等功三級[1]。最終階級は陸軍中将

経歴[編集]

新潟県小千谷町(現小千谷市)出身[2]。星野三太郎の息子として生れる。1891年(明治24年)7月、陸軍士官学校(2期)を卒業。翌年3月、工兵少尉任官。1900年(明治33年)12月、陸軍大学校(14期)を卒業。陸軍省軍務局軍事課勤務となる。

日露戦争満州軍総司令部参謀として出征。1908年(明治41年)12月、工兵第18大隊長となり、1910年(明治43年)11月、工兵大佐に昇進。1912年(大正元年)9月、参謀本部要塞課長に就任。

1916年(大正5年)8月、陸軍少将に進級し参謀本部第3部長に着任。1918年のシベリア出兵においては東支鉄道の利権を主張し、アメリカから提案されたシベリア・東支鉄道国際管理案の受諾を求める幣原喜重郎外務次官と対立したが[3]、翌年2月10日、協定は米国の要求を呑む形で締結された。

1919年(大正8年)7月、野戦交通部長に異動し、同年11月、陸軍中将に進んだ。1920年(大正9年)10月、参謀本部付、1921年(大正10年)3月、陸大校長となる。1922年(大正11年)2月、航空局長官に発令され、同年11月、第9師団長に親補された。1925年(大正14年)5月に待命、そして予備役に編入された。

年譜[編集]

栄典[編集]


親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『官報』第1073号「敍任及辭令」昭和5年7月28日。
  2. ^ 小千谷地域と近隣のまち・むらを結ぶホームページ
  3. ^ 「鮮満防衛」 体制の模索 - 千葉大学
  4. ^ 『陸軍現役将校同相当官実役停年名簿』(明治31年7月1日調)210頁
  5. ^ 『官報』第29号「叙任及辞令」1927年2月3日。

参考文献[編集]

軍職
先代:
宇垣一成
陸軍大学校校長
第22代:1921年3月11日 - 1922年2月8日
次代:
田村守衛
先代:
松浦寛威
第9師団長
第7代:1922年11月24日 - 1925年5月1日
次代:
伊丹松雄