塚田攻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
塚田 攻
Tsukada Osamu.jpg
生誕 1886年7月14日
日本の旗 日本 茨城県
死没 (1942-12-18) 1942年12月18日(満56歳没)
中国 安徽省
所属組織 日本陸軍
軍歴 1907 - 1942
最終階級 陸軍大将
テンプレートを表示

塚田 攻(つかだ おさむ、1886年7月14日 - 1942年12月18日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍大将

経歴[編集]

茨城県出身。成城学校を経て、陸士19期、陸大26期。日中戦争開戦後、中支那方面軍参謀長として松井石根大将を補佐し、その後第8師団長を経て、1940年昭和15年)11月参謀次長に就任、杉山元参謀総長のもとで日米交渉にあたった。アメリカとの戦争は避けられないという判断で南方作戦の計画にあたり、1941年(昭和16年)11月南方軍総参謀長となり太平洋戦争序盤の南方作戦と軍政を担当した。第11軍司令官であった1942年(昭和17年)12月18日、南京から司令部のある漢口への帰途安徽省で飛行機事故で殉職した。没後、陸軍大将に進級した。

  • 「強行論を吐けば満足するタイプ」とされる。[1]

年譜[編集]

栄典[編集]

塚田攻を演じた人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『破綻-陸軍省軍務部と日米開戦』保阪正康(講談社)
  2. ^ 『官報』第4798号「叙任及辞令」1943年1月13日。
  3. ^ 『官報』第4799号「叙任及辞令」1943年1月14日。