上法快男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上法 快男(じょうほう よしお、1911年〈明治44年〉5月29日 - 2001年[1] )は、日本の陸軍軍人実業家。陸軍主計将校として勤務し、戦後は出版業界に入り芙蓉書房社長・会長等を務める。

経歴[編集]

仙台一中・二高を経て東北帝国大学法文学部独法学科を卒業し、陸軍に入る。主計将校として勤務し、階級は陸軍主計少佐に昇り、陸軍省人事局附となる。

戦後、公職追放を経て[2]、出版界に入り、1951年(昭和26年)に東京都千代田区神田須田町に株式会社芙蓉書房を設立、社長に就任する。軍事記録や歴史書を多く出版し自身も執筆に携わる。1993年(平成5年)には出版部門を分離し有限会社芙蓉書房出版(後に株式会社化)を設立する。芙蓉書房会長を経て有限会社弥生出版研究所代表取締役に就任する。

編著等[編集]

  • 「現代の防衛と戦略」芙蓉書房
  • 陸軍大学校」芙蓉書房・昭和49年 ISBN 4-8295-0080-8
  • 東條英機」芙蓉書房・昭和49年
  • 「最後の参謀総長梅津美治郎」芙蓉書房
  • 「元帥寺内寿一」芙蓉書房
  • 「史上最大の人事」
  • 東京裁判と東條英機」
  • 「秘録・永田鉄山
  • 「秘録・土肥原賢二
  • 陸軍省軍務局長」芙蓉書房・昭和54年
  • 監修「陸海軍将官人事総覧(陸軍篇)」芙蓉書房・昭和56年、外山操
  • 監修「陸海軍将官人事総覧(海軍篇)」芙蓉書房・昭和56年、外山操編
  • 編「石原莞爾の素顔 東条と対立した悲劇の予言者」芙蓉書房出版・昭和61年、横山臣平
  • 「陸軍省軍務局長武藤章に学ぶ政治スタッフの原点」芙蓉書房・昭和62年 ISBN 4-8295-0038-7
  • 企画・編集「帝国陸軍編制総覧」全三巻、芙蓉書房・平成5年、監修井本熊男・執筆森松俊夫、外山操
  • 「陸軍省軍務局史」上、芙蓉書房出版 ISBN 4-8295-0318-1(「陸軍省軍務局長」昭和54年の復刊)
  • 「陸軍省軍務局史」下、芙蓉書房出版ISBN 4-8295-0319-X(「陸軍省軍務局長」昭和54年の復刊)

脚注[編集]

  1. ^ 「陸軍省軍務局史」上巻、下巻、著者経歴による
  2. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、52頁。NDLJP:1276156